無料ブログ作成サービス JUGEM
ネパールご飯 パート3
ナマステ〜(^ω^)


なんだか梅雨梅雨した天気になってきましたなぁ。


嫌いではないけど、降りすぎはちょっと…

大雨の被害に遭われた方たちに、お見舞い申し上げます。


他人事じゃないなぁと、実感中。


どこにいたら安全なんて、今はもうないんだと思う。


さて

そんな中でも平和な時間を自分で作る


こないだ友人と一緒に大豆を炒ってすり鉢でごりごりしてきな粉を作ってみた




よもぎで草餅も作って



あんこも炊いて




きな粉とあんこの草餅を食べた




こういう、
時間をかけて誰かと何かを作るという行為に

至福を感じたまいこーなのです


あぁ幸せだった




ネパールではそれが日々のことであって

特別なことではない


冷凍食品なんてないし
村では出来合いのお惣菜だって売ってない


畑から夕飯の食材をとってきて
保存してあるニンニクを潰す


そういうのを見ているのが大好きだったなぁ


とネパールに思いを馳せる



さて
前回に引き続きネパールご飯のご紹介!



近くのレストランでよく食べてたチベタンブレッド
80円くらい

蜂蜜をかけて食べるのが美味しいんだな〜


モモ
100円くらい



チョプシーというあんかけ固焼きそば
200円くらい



お家のシンプルダルバート



ビニサと一緒にぶどう



カフェにてラッシー
60円くらい


調子に乗ってブラウニーも
60円くらい



食堂ダルバート
バッファローの干し肉付き
200円くらい



村人の手作りのお酒
とうもろこしで出来ているらしい



チウラ、干し米
1キロ140円くらい



とうもろこしの粉

これを茹でたものがこれ


ディロと言って、村の主食



山で採れる実

これも立派なおかずになる



ネパールのお菓子
15円くらい




ネパールは一日二食だけど、
途中しっかり目の軽食(カジャ)を食べる

これはかなりしっかり目のカジャ



友達の家にお呼ばれした日のダルバート

家によってかなり違う



このお菓子が気に入ったのでまた買う

母の日に贈るのが定番みたい



モモはお持ち帰りもできる
70円くらい



ドマの家で法事があった時のご飯

豪華ー!!!
甘いミルク粥が特徴
美味しかった〜〜(^ω^)



チヤ



フライドライスも定番



レモンのパンケーキ
80円くらい

ビルズのパンケーキは1500円…



ネパールの
ハッシュドブラウンというメニューが好きなのだけど、
当たり外れがある

これは残念ながら外れ…
美味しいけど、これはただの芋のスパイス炒めだわ…

まいこーの好きなやつは、
バターでにんにくと玉ねぎとピーマンと芋とトマトを炒めているやつなのです!



ドマの家で過ごす最後の日に作ってくれたダルバート

特別な日ということでお肉にしてくれた。
泣ける…


今回までは
チトワン・ポカラで食べてきた

割とローカルなメニューを載せてきたのだけど、

次回はカトマンズ編!

全く違うもの食べてます 笑


乞うご期待!!


-----------------------------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】

ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。



自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)

《これまでのワスワング村への支援についてはブログのカテゴリー・ネパールネパールに載せてあります》


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!











| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ネパールご飯 パート2
ナマステー!!


日本はじっとりと梅雨っぽいお天気続きますなぁ。


雨が嫌いかと言われると、

嫌いではない!!


梅雨は梅雨らしく
水不足も解消されるようたくさん降ってくださいまーせ!!


ネパールはカラッカラだったからなぁ…

私がいる一ヶ月半の間、チトワンでは一回しか雨降らなかったもんなー


水不足が深刻で、

農家さんは勿論のこと、

水力発電のネパールは本当に困っているのです。


さてさて

まだまだご飯載せちゃうよーってことで!


じゃーん!!!!



あ、これは違いますね

先日オシャレぶって行ってきた

ビルズ

のパンケーキですね。

因みに赤レンガです。

グアテマラで会った友達と
ボリビアで会った友達と
日本で再会して横浜観光してましてん。

旅先での出逢いはとてもいいものです。


いやー

結局パンケーキでしょ?

ってバカにしててごめんなさい。


めっちゃ美味しかったです。


…でも高いよね。。

これで1500円くらいするんだもんね…


1500円あったら


ネパールだとお宿に3泊できるからね…


ま、物価って怖いですよね

そして日本の物価に慣れていく怖さ…


そもそも

私が泊まっていたチトワン地域では、

ネパール人はあまり外食しません


なんでも作っちゃうし、

お昼ご飯も家に食べに帰ってくる


それがとてもいいなー


と、まいこーは思っていたわけです。


《パニプリ》

というおやつが好きだと言ったら、

レノカが作ってくれた



ジャガイモ茹でてー
スパイスいれてー



混ぜ混ぜ



これがパニプリのもと

これを油で揚げると、

膨らむ!!!





そしてそれに酸っぱいお水をいれる




完成〜(^ω^)


うまーい!!!


そして続いて

アルパコウラ



こんな感じでまとめたものを

揚げる!!




いやーいい出来

いい眺め

最高だ!!!!





そんな感じで色々作ります


時間に追われていないからこそ出来るんだろうな


そしてそれは

使った時間以上のものを生み出しているな


って思うであります


お料理って楽しい(^ω^)


さて

次々!


結婚式に参加した時、
ご近所の人たちは裏でこうして食べる



下のおっきいお鍋でお米炊いてた!

でかー!!



こーんな感じ

ホルモンのカレーだった


これはポカラで山登りをした時のご飯



ダルバート
250円くらい

おかわり自由が基本ルール



山を眺めながらここでもぶどう
1キロ150円くらい



山の宿のダルバート
300円くらい

山登り中は基本ダルバート



朝ごはんのビスケットとチヤ

チヤは60円くらい

街だと20円で飲めるから、激高い。


山は登れば登るほどチヤが高くなる…

仕方ないのだけどね、運び代とかもあるものね

だけど60ルピーは高いわー!!



これも山のダルバート
200円くらい

山のダルバートは値段の割りに中身がシンプル

だけどシンプルなダルバートは嫌いじゃない!!


まいこーはダルバート好きなので、

いつ食べても美味しいのです


これは下山後のポカラで食べたもの

モモという蒸ギョウザ
120円くらいだったかな




こちらは
有名なダルバート屋さんのダルバート

ベジタリアンで250円くらい
お肉カレーがつくと330円くらい



山のダルバートに比べて格段に豪華なの分かります?

美味しかったけど、やはりレノカのダルバートが一番美味しい!!


そしてポカラは観光地なので、
こんなものも食べられる



オーシャーレー!!

ワッフル350円くらい
チャイ100円くらい

高い…

だけどこうして時々日本のようなカフェに行ったりしたいのです

さすがにビルズはないけど、観光客用のお店はたくさんあります

ピザも食べられるし
パスタもあるし
中華も!!

なので

「ネパール興味あるけど、食事が心配だなー…」

って人も、
安心してネパールにおいでやすー!!!!


中華には私もいつもお世話になっていた

迷ったら中華だ!
困ったら中華だ!




が長期旅行者の暗黙ルール 笑




やたら美味しいチャーハン
120円くらい



厨房入れてくれて
作り方教えてもらった
モモ

だから色んな形のモモがあるのです

包み方を教えてもらう


あー
こんなこと書いてたらお腹が減ってきちゃいました


まいこーさんとこ、
今日はカレー!!


新しく調達してきた

〔ジョアノ〕

という香辛料とコリアンダーの生葉をいれるカレーです。


ちょっくら作ってきまーす(^ω^)

みなさんも良き夕ご飯になりますように!!


また書きまーす^ ^



------------------------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】



ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)

《これまでのワスワング村への支援についてはブログのカテゴリー・ネパールネパールに載せてあります》


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!

| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ネパールご飯 パート1
ナマステー!

今日はお天気のいいこと!
あー気持ちいい(^ω^)

ネパールは今どれくらい暑いんだろうなぁ…と思いを馳せる


て、ことで
そろそろネパールご飯が恋しくなるまいこーさん。


本日まいこーがネパールで食べたものを一挙公開!!
沢山ありすぎるのでこちらパート1とさせて頂きます(^ω^)

どんどん載せるよー!!!



まず最初に食べたのはネパールの軽食代表のインスタント麺、チャウチャウ
(お店で食べると50円〜100円くらい)

スパイス味のラーメンですな



そして韓国料理、鍋物です
400円くらい

まいこー韓国料理が大好物
オススメのお店あったら教えてください
ネパールにも韓国料理屋さんはたくさんあります

全然ネパールっぽい写真じゃないって…?笑

韓国料理は別物なんですって!!
どこの国行っても真っ先に食べたくなっちゃう…
なんであんなに美味しいんだろ…



そして小さな食堂にて


お魚のフライ
100円くらい


チャイ
20円くらい


ワスワング村では


キャンプして薪で外調理


ネパールのソウルフード

ダルバート・タルカリ!!

ダルバート大好き!!


ダル=豆のスープ
バート=お米
タルカリ=おかず


という意味ですね



ゆで卵作ったり



お茶淹れるにも火を起こさないといけない


キャンプのダルバートはうまい


これはお店のダルバート
150円くらい



これは屋台のおやつ
パニプリ
50円くらいだったかな


これもおやつ

いつも名前忘れる
今も忘れてる


こうして食べる



お家のダルバート
お父さんと一緒に食べる

ダルバートはスープもお米もおかずも全部混ぜこぜにして頂きます

やはりレノカの作るダルバートが世界一美味しい



おやつ休憩
コーラは35円くらい

激甘なネパール菓子ジェリーは15円くらい


村に向かう途中に食べたダルバート
150円くらい


山ではローカルチキンも買って食べた

お父さんが左手に持ってるこの鶏一羽で1200円くらい



村の子供ちゃんが持ってきてくれた炒った種



本当によく食べたブドウ
1キロ140円くらい



ドマと摘みにいったお野菜を下ごしらえ



レノカのダルバート
ヨーグルトも手作り

作り立ての飲むヨーグルトが毎日飲める贅沢!!
しかも水牛!!



洒落たカフェでWi-Fi使ってた時
200円くらい



お正月に舐めたハチミツ



「甘いね…」と苦笑いされた肉じゃが



お正月のダルバートはちょっと豪華

あ、お正月とはビクラム暦の新年であります



相変わらず美味しいチャイ

因みにネパール語だと

チヤ

と言います


ご飯の写真は
まーだまーだあるのだけれど、
それはまた次にしとこうかしら!

少しでもたくさんの人にネパールのことを知ってもらえますように〜(^ω^)

また書きます!


------------------------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】





ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)

《これまでのワスワング村への支援についてはブログのカテゴリー・ネパールネパールに載せてあります》


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!
| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
帰国後のまいこーの様子
ナマステ〜(^ω^)

日本に帰ってきてから10日経ちました。

なんともサクッと日本に馴染んで溶けていってます。

それでも今回のネパール滞在で、何か自分の中で変化があったのは確かで、それが日々の生活に影響しているなぁと感じます。



小さなことでもいい

出来ることからやってみる



自分が想う場所がある

自分を想ってくれる場所がある



必要なものって、本当はほんの少しの気持ちなのかもしれませんね

物もそう

必要最低限の物だけに囲まれていたドマの家での滞在

それは確実に私に変化を与えました



自分に何が必要なのかって

分かるのは気持ちのいいこと



何事も知るというのはいいことです

そしてその中で選択していく




さて
日本に帰ってきてからまいこーが何をしてるかと言うと、


家族とゆっくり時間を過ごしたり

甥っ子の運動会を見に行ったり

久しぶりのお友達に会ったり

ちょっと働いてみたり



断捨離にトライしてみたり

長期旅行中に行けなかった歯医者やら検診やらに行ったり

まさかのタイミングでオザケンのライブに行けたり




募金にご協力頂いたお店にご挨拶に伺ったり


<横浜中華街にある旅カフェ&バーshort tripのオーナー夫妻>



<各国料理とお酒が飲める美味しいお店>



<これめっちゃ美味しかった!ミャンマーのおつまみ>



<写真展やらなんやらイベントもたくさんやってるお店です。オーナー夫妻もとーっても感じのいい旅人さんですので、皆さんも是非に!!>


そんなこんなで過ごしてます。


因みにまいこーの旦那さんの直人くんは

今アフリカにいて、

来月帰ってくるのでそれまでまいこーは実家暮らしです。

家族と過ごせるのは心地いい。

そしてキッチンがある生活ってやはり最高。


少しのんびりと過ごして、

こっちのペース掴んで、

またネパールのこと書き始めたいと思います!


今日はリハビリにまいこーの近況報告 笑

また近々書きます〜(^ω^)


-------------------------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】



ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)

《これまでのワスワング村への支援についてはブログのカテゴリー・ネパールネパールに載せてあります》


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!






| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
まいこー帰国しました(^ω^)
ナマステー!!

まいこー、おととい日本に帰ってきましたー!!



おとといの夜中1時くらいに自宅着だったので、帰ってきたのは実質昨日!!

いやー長かった!!

ただいまー!!!


何が長かったって、ネパール滞在のことじゃありません。

ネパール出発してからが長かった。

ネパールの宿を出発したのは
24日の9時半

日本の自宅に到着したのは
26日の1時

1日半以上かかったからね〜

安いチケットだから仕方ない。

往復5万2千円で成田ーカトマンズ買える時代!!

気軽に行けるね、この値段なら。
みんなも是非是非!!


カトマンズからまずはチベット・ラサでイミグレをして、飛行機を乗り換え




そして
中国・成都にて乗り継ぎ

ここでは19時間待ちなので
一回外に出なきゃで、

フリーホテルがあると聞いたけど案の定なくって、

空港が24時間オープンでないと聞き空港泊もできなくて、


中国元もあんまりなくって

中国人は全然英語通じなくて



割と困っていたら


どこにでも優しい人はいるもので

優しきお姉さんが助けてくれて


安いホテル送迎付きに泊まれましてん。

はーよかった!

タクシー代なかったからね!


お金なくてご飯食べれないかなーと思ってたけど

中国、ご飯安いんだった。


近くの食堂で
牛肉麺も水餃子も各120円。






お土産に向日葵の種と山査子まで買えました。


残り0.1元=1.6円 笑


その後飛行機にて成田に向かいました!




日本での楽しみは
ぬくぬくとお湯に浸かること!

白飯・納豆・味噌汁!!


まいこー無事
日本に帰ってきました〜(^ω^)!!

ただいまー!!!!



3ヶ月前に、
1年半の長期旅行から帰ってきた時の

【日本への異質感】

ってのはあまりなかったなー。

中国挟んでるからなのかしら。

日本にスルッと溶け込めそうです。


ネパールから離れて寂しいけれども、

寂しさはチトワンを離れた時に既に出し切っていたようです。

カトマンズを離れる寂しさは予想よりなくて、逆にお米と湯船が楽しみでした。笑


今回のネパールでは

たくさんのことを学び、

たくさんのことを考えることができ、


本当に良き滞在でした。


生きて行く上で

何が正解とかはないと思うけど、

たくさんのことを知って、

その中から
ちゃんと自分で選択して生きていく、

ってのがいいなぁ


と、まいこー思っておりまする。


また
ゆっくりネパールのこと書いていきます(^ω^)

この先ものんびりとお付き合いください!


--------------------------------------


【ネパール・ワスワング村支援募金】



ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)

《これまでのワスワング村への支援についてはブログのカテゴリー・ネパールネパールに載せてあります》


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!


| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
まいこーおばちゃんとシッタとナミタとビニサ
ナマステー!

ネパールから明日出国ということで、

ネパールにいる間に書いておきたいことがもう一つ。

シッタナミタビニサのこと。


写真はナミタ(姉)とビニサ(妹)

3人に出会ったのは1年半前、旦那の直人くんとネパールに来た時のこと。

この時、
家が貧しくて自分たちで学用品を用意できない生徒ちゃんたちに、
スクールバッグと文房具を配りに行ったのです。



学校に配りに行ったり、
直接お家に配りに行ったり。

その時に出会ったのがナミタとビニサ。



たくさんの子供たちの支援を長く続けることは出来ないけど、

一家族だけだったら長い目で見てあげられるかもしれない。

そういう想いもあったまいこーは、
たくさんいた子供たちの中から、
この家族とお付き合いしていこうと決めました。

何故なら
状況がなかなかのものだったから。

ネパールでは一夫多妻が暗黙で認められていて、2人目の奥さんをとることが可能です。


で、シッタは2人目の奥さんなのです。


旦那さんはこっちの家族にたくさんのものを与えず、帰ってきても酒を飲むばかり、暴力も振るわれるという話でした。

それでも離婚しないのは、
離婚が一般的でない国ならではなのかもしれません。

貧しい家でした。

前回の滞在中に、もう一度シッタの家を訪れました。

みかんを持って行きました。

まだ慣れない子供たちも、嬉しそうにしてくれて、とっても嬉しかった。

私たちは

「また来るね」

と言ってネパールを後にしました。


そして今回、再訪したというわけです!

実は前の家を訪れたら、

家がなくなってるー!!



写真の奥に写ってる、小屋みたいなところが家だったはず。

なのに、壁すらない!!

いやービックリした。

でもそうよね、
1年半も経ってるもんね…

って思って、その辺にいた兄さんに聞いてみたら、近くに引っ越したと!しかも兄さんが連れてってくれると!

わーやったー!よかったー!!
天は見放さなかった!!!


と、いうことで行ってみる。

しかしそこにママのシッタはいませんでした。

いたのは2人だけ、それが最初の写真です。



この不安そうな顔。

私が誰か分かってない顔。
(実は妹のビニサは気づいてたらしい!)

そりゃー1年半も前に来た人の顔なんて分かりませんよね。

実際私も2人の顔覚えてなかったしね!笑

お母さんのシッタがいないとなので、翌日出直すことに。

翌日、
そこにいたのがシッタでした。

シッタは英語が話せません。

私もネパール語は少ししか話せない。

なのでやはり難しい話をするには難しく、ドマのヘルプを借りることに。

いやー悔しい!!
もっと話せたらもっと色んなことができるのに!!!


次行く時までにもっと話せるようになる!!!

そしてドマの家で3人でたくさん話をしましてん。

シッタの今の状況、
子供たちのこと、
仕事のこと、


たくさんたくさん話をしました。



この写真じゃ伝わらないけど、

シッタ、話してる時泣いてました。

きっとね、
話せる相手がいなかったんだと思う。

村っていうのはとても小さなコミュニティ。

辛いことを吐き出すのって、すごく難しいんじゃないのかなって、その時にすごく思いまして。

だから、
その泣いているシッタを見て、

吐き出させてあげることが出来ただけでも、ここに来て良かった。

って心底そう思った。


話を聞いてみて、やっぱり今も大変な状況には変わりなく、

だから私は
出来ることを少しだけやろう
と決めました。

生活費をあげるとか
学校の費用をずっと払い続けるとか
スポンサーになるとか

そういうことじゃなくて、

親戚のおばちゃん

みたいな関係でいたいな、と思ったのです。

時々来て、来た時に何処か一緒に出かけたり、一緒にご飯食べたり、何か買ってくれたりして、でもいつ来るか分からなくて、だけど繋がりが切れることはない


そんな関係でいるのが今は一番いい気がするって、そう思いましてん。

だから、今一番必要なものは何か聞きました。

学校の教科書だと言うので、それを買いに行きました。



この辺りの公立学校が、今年から私立学校のように変わるらしく。

教科書も私立学校のように高額のものになったのです。

だから困っていたのです。

それ高くなったら、公立学校の意味ないよな…という疑問は置いといて、お買い物。



これは無料で貰える教科書



これは高い教科書



一冊300円くらい

新しい教科書が買えて嬉しそうな2人



何冊か足りなかったので、また後日買い足しました。

それからノートに鉛筆に消しゴムも買いました。

それでも学用品で3000円くらい。
日本円にしたら大きな金額ではありません。

だけど、こっちでは大きな金額。
1年分の教科書が2人分と、文房具も買えました。

それから、
こんなに小さなサンダルを履いていたので、



新しいサンダルを買いに行きました。

お買い物にウキウキ



新しいサンダル、かわいい〜



まいこーも気に入っている



お姉ちゃんのナミタはこっち
青いオシャレなやつ



それじゃーすぐ小さくなっちゃうよ〜

ってまいこーおばちゃんに言われつつも、これがイイ!!というお姉ちゃん。

やはり女子だね〜(^ω^)

て、ことでお許しました。

かわいいのがいいに決まってるよね!そりゃそうよ!おばちゃんも分かるよ!

ってことで、お買い物を楽しんで、
帰りにスイカとブドウとりんごを買って帰ります。

嬉しそう〜で、まいこーも嬉しい。
2人もいい笑顔になってきた。

と言うか、
妹のビニサが帰り道に、

まいこーの手を繋いできたのです。

わたし嬉しすぎて泣いちゃいそうでした。

信じてくれた瞬間だと思う。



それから学校の制服のシャツを作りにいく。

まいこーおばちゃんは
「全部作っていいよ!」
って言ってるのに、

「スカートはお下がりがあるから大丈夫」

と、断ってきたシッタを、私はここで全面的に信用しました。

やってもらえること全部やってもらおう!

って考えじゃなくて、必要なものだけを助けてもらおう、と考えるシッタを信じることにしました。



2人の子供たちもどんどん心開いてくれて、とっても楽しそう

写真撮って撮ってー!
ってポーズしてきます



昔の家にも寄ってみる



「小さいねー!」

と、はしゃぐ子供たち 笑

因みに今はここに住んでいます



ここは、この土地の管理をする代わりに無料で住んでいい、と言われている場所です。

だからいずれは出なきゃいけない。

それでも無料で住まわせて貰うというのはありがたいことです。

左奥に見えるのがトイレ

中はこんな感じ



ベッドなんてものはありません



シッタの家に行った時、

いつも誰かの家に行くと

「お茶飲みますかー?」

と聞かれるのに、

ここでは

「水飲みますか?」

と、聞かれてちょっと驚いた。

だけど、そこに何かを感じたわけです、まいこーは。


とにかく
兎に角

シャツを作りに行きました。



サイズを測る



縫製代は150円くらい。

学校にも寄ってみた。



今回、
シッタたちの家族にサポートした合計金額は食べ物も入れて4000円くらい。

4000円で、こんなに笑顔作れます。



買ってあげるだけってどうなの?

って思う人もいるかもしれません。

だけど、

自分の甥っ子姪っ子に何かを買ってあげる感覚って言ったら分かってもらえるかな?

そういう関係でいたいって思っているのです。

遠く離れてても、自分たちのことを想ってくれてる人がいるっていうことを知っていてほしいのです。

シッタに、

まいこシスターにまた会えて本当に幸せです。
本当にありがとう。


って言われました。

(あ、これは買い物やらなんやらに行く前ね!笑
買ったあげたから、どうこうというわけでなくて。)

泣いて話した、その後に言われたの。

それで、
「私」は、彼女の
<希望>だったんだなぁってその時分かりました。

「また来るね」

の約束守ってよかったー!!


そりゃぁずっと一緒にいてあげたいし、助けてあげたいって思うけど、

そうするとその問題ある旦那が、私の支援に甘えてきそうな気がしてならないのでね。。

だから、お金は渡さない。
まずは自分たちでどうにかしてほしい。


なので、
まいこーおばちゃんは

「また3年後に来るからね(^ω^)」

ってお約束して、
バイバイしてきたわけです。


色んな支援の形があると思います。

これもまた、一つの形だよなーって、
まいこーはそう思いつつ、チトワンを後にしました。

たくさんのことは出来ないけど、
やりたいことを、出来るだけ。

こんなこともありましたって、

まいこーおばちゃんとシッタとナミタとビニサのお話しでした!!




あぁもうすぐネパールと暫しお別れ!
なんだか寂しい!!

また3年後に戻ってくるからねー!!!

(まずはまいこーの日本での生活を作り上げないとなので、3年後と言っていまする!)

-------------------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】



ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)

《これまでのワスワング村への支援についてはブログのカテゴリー・ネパールネパールに載せてあります》


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!

| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
カトマンズの観光エリアを歩いてみる
ナマステー!

まいこーいよいよ明日ネパール出国です。

まずは
チベットのラサで乗り換えてイミグレ、次に成都に向かいます。
成都で乗り継ぎに19時間待ち(笑)で、翌日成田に向かいまする。

明日の昼に出国なのに、日本に到着するのは明後日の夜!!
もしかしたら空港泊の可能性も有りで、そしたら家に帰れるのはしい明後日だわ!!笑

長いなー!!

ま、でも往復5万2千円という破格で買えたからいいのです。


さて

カトマンズにてブラブラ街を歩いてみました。

友達にも再会(^ω^)



この子は昔よく泊まってたお宿で働いてた子で、そのお宿がなくなってからも仲良くしていまする。

こういう繋がり大好き!

プリンを食べに行きました。



スノーマンというお店のプリン(クリームキャラメル)



ネパール行ったら毎回行くお店。


さて
今のカトマンズはこんな感じ。

ツーリストの集まるタメルエリア



こんなこんな。



勿論ひびとかなんやらはあるけれど、
意外と地震の被害が気になる感じではない。

もう1年経ってるしね。

むしろ気になるのは



あれ…?



ここ中国…?

ってくらい、中国語の看板をよく見かけたこと。

いやーやっぱり中国すごいわ。

観光客も、日本人より中国人の方が何倍も多くて、めっきりニーハオ
って話しかけられるようになりました。

昔は日本人が多かったから、どこ行っても

コンニチハー!

だったのにね…
時代だね…

因みに夜のタメルはこんな感じ




そしてそこからブラブラと



ブッダのお誕生日だったのでストゥーパ(仏塔)もキレイにされてる



うんうん
相変わらずバイク多いねー



ここはアサンチョーク



チョークは交差点って意味



スパイスやらフルーツはアサンチョークで買っている



ブラブラしてるとお祈り場に出くわす



インドラチョークに向かう



生活用品のお買い物はいつもこの辺りでしております



いやー
やっぱり一年経ってるし、そんなにあからさまに被害は残ってないかなー

なんて思ってたけど、
建物の中を覗かせてもらうとやはりそこにはヒビがある。

やっぱりそうだよなー。。

とブラブラ続けて、

この近辺一番の観光名所

ダルバリスクエア

に行ってみる…



おー久々ー!

…あれ。。??

よく見ると



いやー
支えられてるねー!!!

被害がかなりあるって聞いてたけど、
やはりショックである

中も相当なんだろうな

因みにこれが震災前の写真



2年前3ヶ月前に来た時に撮ったやつ

ドキドキしながら
入ってみる

入場料1000ルピー

ここのサイトオフィスで、
無料でビザ期間中のフリーパスにしてもらえるので、何度も行きたい人はお忘れなく!
顔写真とパスポートが必要です。



チャイが20円で飲めちゃうネパールだと
相当高く感じるけど、

勿論これはツーリスト価格であって、
ネパール人は無料です。

近隣諸国も安く設定されている。

えーなんで日本人は高いのさー

って思う人もいるし、
入場料払わないで観光する人もいる。

だけど、
私たちツーリストは文句言わずに払うべきだと思うのです。



旅行者は
その国にお邪魔している
という気持ちを忘れてはいけないというのが私の持論で、その国の決めたことは守るべき。

特に今は、
復興費用としてキチンと払うべき!!!

と、アツくなっているまいこーです。
ネパールのことになるとすぐアツくなっちゃう。


さーさー
続けて
ダルバリスクエアの写真載っけまするー!



あーやはり支えがあるー。
崩れそうなんだなぁ。。



は…
ここは上のお寺崩れてなくなっちゃってる!

うわー…



ひゃー
支えがどこもかしこも



この神様は無事だったらしい!
よかった!



しかし
どこもかしこも支えがあったり
崩れたレンガが置いてあったり



倒壊がひどいところにはフェンスがたててある



いやーひどいな…



てか
支えが…



果たしてこれで正解なのか…



いやー
しかしグズグズだなぁ…



どのお寺も支えられているなぁー







それでも神様は見ているよー



そして
一番大きかったこのお寺も全壊して
なーんにもなくなっちゃった



いつもここに来たら
この段々に座ってのんびりとしていたのに、
もうそこにも座れない

てか近寄れもしない



これもなーんにもない



随分さっぱりしちゃったなぁ





前はこんな感じでした
この奥に見えてるお寺が右のも左のもなーんにもなくなっちゃっている




クマリの館も支えだらけ



元王宮もボロボロ



これ、一年経ってるからね?



いやはや
ひどいものだわ



その周辺もこんな感じ




ダルバリスクエア、予想以上にひどいままでした。


確かに瓦礫はある程度片付いてはあるけど、そのままのところもある。

支えだって中途半端。

フェンスはしてあるし、
昔の写真も飾られてるけど、

この先修復される気がしない。


ここ、一番の見どころですよ?

もう地震から一年経ってますよ?



いやー…
復興全然進んでないわ!!!

確かに国民の家とかが優先だって言うなら分かるよ?

でも、
国民にもお金も渡ってなくて、

国で一番の見どころもこのまんまで、

マジ何に復興予算使ってんの?

って感じですね。

イラっとしちゃいました。


やっぱりまだまだ復興は進んでません。


ネパール政府もっと頑張ってよー!!!!!


と、思うけども、
そんなことはみんな前々から言ってたことでして。

期待しちゃいけないけど、
それでも

あんた達の国でしょ!!!

って言いたくなっちゃいます。

もう兎に角
これからもやれることをやっていくしかないな!!
と、改めて思うまいこーです。

ふぅー
帰国直前の今、

私が直接出来ることって、
ネパールでお金使うこと!!

とりあえず美味しいもの食べて
たくさんお土産買うかな!笑


こうやって頭を明るくして考えないと、煮詰まっちゃいますからね!

一人一人ができることをやっていくのであるー!!(^ω^)


今回はカトマンズは今こんな感じだよー!
って写真たくさんブログでした〜

また書きます!


------------------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】



ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!







| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
「全壊」してないお家が、実はかなり困った状況かもしれない、ということ。
ナマステー!

まいこーです。

昨日はやたらと天気が悪く、
雷がすごかったカトマンズ。

今日はピーカンな感じです(^ω^)
ふっふー!

そして
今日はこれからカトマンズから行ける景色ポイント、ナガルコットに行ってきます。

初めて行くのでウキウキです。
いい景色見れますように!

その前に一つ書きたかったので
書いてから行くのです。

タイトル通り、
震災で家が全壊していないお家の村人さんのお話し。

ネパールでは震災後、
どのレベルで家がダメージを受けたかというチェックが入りました。

そして被災した人たちは
リストにされ、
程度によって色分けされたわけです。

全壊なのか
半壊なのか
それとも
ヒビだけなのか


そしてリストに載った人たちは、
政府から復興支援として
まとまったお金(最高20万程度)が支給される、
ということになっています。

(これもまだ支給されてないのが現状だし、20万円じゃ家は立たないのも現実です…)

だけども
そのリストから漏れた人たちもいる。

それがこの家族です。



ワスワング村の村人さん。
ただ、家は村からは少しだけ下った場所にある。
道路の真横にある家なので、見落とされたということは有り得ない。

なのにも関わらず、
彼らの家はリストから漏れたのです。

確かに彼らの家は全壊していない。

だけども大きなヒビが入っていて(その壁面の写真が見つからず…ごめんなさい!)、
他の壁もこんな感じです。



崩れていないのは、
震災前に自分たちで壁を補強していたから。
レンガを細い鉄でとめています。



見えるかなー
どうだろう

このほっそい鉄が、壁を守ったのです。
これが全壊を免れた理由です。

ただ、壁は崩れずに残ったものの、
ヒビはそこいらにあります。

外にも
中にも



わぁ…

それでも私は、
このヒビを見た時点では

これくらいならお金貰えないかもな…

なんて考えが頭にありました。

だって
跡形もなく全壊している家とかたくさんあるんですもん。

「これだけ残ってればいい方でしょ!」

と、さえ思ってました。

だけども
その後に聞いた話で、私の頭は一変します。

「いつ崩れるか分からないこの家では眠ることができない、だから今はここに寝ています」

と、見せてくれたのがこの家畜小屋。



分かります?
鶏とかヤギの住むところです。


え????ここで????

どこで????

寝るところないよね????



と、まいこーの頭は小パニック

聞いてみると、
この写真に写ってる、小屋の上の部分に、家族9人で寝ているそうなんです。



写真でも分かる通り、

めちゃくちゃ狭いです。

と言うか、

人が寝るところじゃないです。


ここに9人で寝ていると。。。

中を見せてもらいました。
なんだか申し訳なくて写真は撮れませんでした。

立ちあがれる高さは勿論なくて、
マットさえ置いてありませんでした。
置いてあったのは木が何枚か。

正直、
言葉失いました。

嘘でしょ…?

って。


でもそうだよね、
よく考えたら分かるよね。

あんなに大きな地震があって、
たくさん亡くなっている人がいて、

家にヒビがこんなに入ってたら、
そりゃこの家では安心して眠れるわけないよね。
こわいよね。

「全壊」している場所にばかり
目がいってしまうけど、

彼らの立場に立って考えてみたら、
すぐに分かることでした。



だけども彼らに他に選択肢はなくて

家を修理するにもお金がない。

政府のリストから外れた上に、

民間の支援団体からの支援も何も貰えてないそうです。

ワスワング村の殆どの家が、
ソーラーパネルと屋根用のトタンを貰えてるのに、
彼らは何も貰えてない。




全壊した家の人たちは、

希望は少ないけれど
政府からの支援を待っています。

だけど
彼らは…

待っていても何もないんです。

震災から早一年、
彼らはこの一年をずっとあの場所で眠っていたということなんでしょうか。


信じらない。


経済的な苦しい家の人たちをたくさん見てきました。

だけども、
あんなところで寝ている人たちは
いなかったです。

きっといるんだろうけど、
まいこーは見たことなかったです。


ニコニコしていつもお手伝いしてくれた村人さん、まさかこんな背景を持っていたんですね。

ほら、このベンチを運んでくれてる帽子の村人さんです。



今回
前より話す機会があって、
そんな背景を知って、

お家を見せてもらったというわけです。



いつもニコニコしてた
シャイなあの子の家でした。



すぐに、

「何かしてあげたい」

って思いました。

だけど急いじゃいけない。
ドマと、「今じゃない」って話しました。

勿論今すぐに助けてあげたい。

だけどもそうしてたら切りが無いんです、本当に。

だから、
悔しいけど 政府からの支援金がワスワング村に配られるまで様子を見ます。

その時に
本当に何も貰えなかったら、
政府の代わりに私たちが少しお金を出したいと思ってます。

安心して眠れる家を持って欲しいです。

政府からの支援を待つのは良案ではないです、分かってます。

だけども今回は個人の家なので、
彼の家だけ特別にやるわけにはいかないのです。

力が及ばなくて悔しいです。

だけども
私たちがそばにいるってこと、
忘れないでほしいです。

希望はゼロじゃないってこと覚えてて欲しいです。

ワスワング村にとって
そういう存在でありたいと思ってます。


と、いうことを皆さんに知ってもらいたかったのです!

全壊した家ばかりが
被災者ではないってこと!


ヒビの入った家で
ビクビクしながら生活しなきゃいけない人もいるってこと。

中途半端な(言い方悪いけども)被災状況のため、
支援を得ることが難しく、
身動き出来ない人たちもいるってこと。


知ってください、ネパールのこと。

まいこーも発信し続けます!
できることを一人一人がやってみませう(^ω^)
勿論ネパールのことじゃなくても、何でもいいです。

そしたら
きっと世界は変わる!!
皆で優しい世界作ってこー!!!


では
また書きまーす(^ω^)


--------------------------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】

ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!




| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ワスワング村のお話し、続き。
ナマステー!

まいこーカトマンズに戻ってまいりました〜(^ω^)

チトワンに比べて過ごしやすいこと過ごしやすいこと。
40度あったチトワンに比べて、
こちらは20度台であります。

標高1300メートルあるからね!

しかし空気悪い…
排気ガスやら砂埃やらなんやらで、カトマンズの空気はなかなかのものです。


なんてぶつぶつ言ってる場合でなく、ブログブログ!!


カトマンズに戻ってきて、
久しぶりに会う友達とダルバリスクエアに行きましてん(^ω^)

そりゃネパール8回も来てれば、ここは何度も来ています…
が、震災後は初めて。



そしたら
見事に寺がなくなってました。
後ろの階段の上にお寺があったのです(*_*)

あの階段に座っていつものんびりしていたのに、
階段の周りにもフェンスが建てられちゃってて、もう階段に座ることもできません。

なんてこと。

崩壊してるとは聞いてたけど、こんなにも真っさらなのね。。
結構なショックでした。

この周辺の写真はまた改めて。


そして実は
カトマンズ着いた直後に、
友達が高熱で救急車で運ばれて入院とかしておりまして。

あ、まいこーじゃなくて、
友達がですよ!



初めてのネパール救急車乗って
初めてネパールの病院行きました。
外国人対応病院ということで、なんとも立派!!
英語もみんな喋れるし。安心した〜。

部屋もこんなにキレイだし。
高いけど。。



それに付き添ったりしておりまして、カトマンズ着いてからはなんやかんやパタパタとしていました。
しかし丁度良く同じタイミングでカトマンズにいて本当よかった。

病気の時は誰だって不安になりますからね。知り合いがいるってだけで、きっと心強いはず。
あぁ大事に至らなくて本当によかった。

旅中の皆さん、特に一人旅中の皆さん、どうぞ体調にはお気を付けて!
直人くんもどうぞお気を付けて!

身体が第一ですよー!!


て、ことで
ワスワング村のお話しの続きです。

ベンチを運んで



みんなでおやつを食べて



その後はもう一つやることがあります。

お洋服の配布です。

ワスワング村に来る時にちょいちょい持ってきていた古着を、村人さんにお配りしました〜(^ω^)



まいこーも日本からカバンに入るだけ持って行きました。
ちょっとだけですけども。

衣類は嵩張るし重いから、そもそもそんなにたくさん持っていけない。。
こっちで買った方が効率がいいって話もありますし。

だから、
着なくなったものを、持っていける分だけ。
それでも十分(^ω^)

そうやって、
まいこーやらドマやらドマの周りの人たちからちょいちょい集めた古着をお配りしたのです。
(それでもゴミ袋4袋分あった!)



ドマとシバダイが真ん中に座って、
1枚ずつサイズが合いそうな人たちに渡していく。

最初はみんなおずおずとしていたのに、



途中からはバーゲンか!ってくらいの熱でした 笑

量がたくさんあるわけではないので、
村人全員というわけにはいかないけども、
そこに集まってくれた人たちみんなにちゃんと行き渡るように。



着れるものがあればそれでいいってわけじゃないので、
みんなが欲しいやつを貰えるように。



やはりお洋服って、楽しむものでもありますからね^ ^
支援される側にも、選ぶ権利はあると思うのです。

せっかく支援してやってるのに、偉そうに!

って思うのは、支援している人のエゴでしかない。
そういうのは好きではありません。

みんな嬉しそうで、私も嬉しい。
持ってきてよかった〜



カバンの空きスペースに詰めてきた、ハンドタオルが何故か人気で笑っちゃった



よかった〜(^ω^)



てかかわいすぎるよ!!

そして
フードのみという、斬新なものも…



そうか、それでもいいのか…笑

と、
こうやって古着も役に立ちました。
笑顔作れました^ ^

今回みたいに直接現地の人たちに持って行くのは難しいかもしれないけど、

何かを処分する時に
ただ捨てるだけではなくて、
何かいい処分の方法があるかもなーって、
ちょっと調べてみるのもいいかもしれませんね。



その小さな意識が、この世界の色んなことを変えて行くように思います。


みんなにお配りをした後は、
ご飯の時間!!

いえーいお腹すいた!!

今回はギャンダイのお家にお世話になります。



ここがギャンダイのお家、キッチンです。
室内でも直火です。

これがネパールの山の方では普通。
ドマの家の周りも、結構こう。
ガス使ってないところはまだたくさんあります。



これは香辛料を潰して混ぜる石。
ネパールの家には絶対ある。




電気もないので、炎の明かりで調理する。

この辺の主食はとうもろこし。
これはとうもろこしを挽いた粉。



これをお湯で捏ねて、ディロというものにします。



この黄色いやつ。
ディロは他の粉でも出来るけど、ここはとうもろこしが多い。

今日は私たちがいるのでチキンだけど、
普段は乾燥野菜とかだけなんだと思う。



こうして床に座ってみんなで食べる。

そして
ギャンダイといつも通りお話しをする。

子供たちを学校にやりたいギャンダイ、だけども明確な答えをあげられない私たち。
難しいです。

前にも書いたけど、
ここには学校が小学校までしかない。



だから、それ以降勉強を続けたいなら、
村を出るしかない。
そうなると、
村を出てからの生活費が必要になる。
それ以前に、
生活出来る場所を探さないといけない。



これが簡単ではないのです。
私たちもチャレンジはしているけど、
簡単には見つからない。

だから、簡単にオッケー!いついつまでに探しとくね!なんて言えない。

ゆっくり、良案を探していきたいと思います。

一つ一つのことに焦っていたら、
切りが無いくらいに問題はたくさんあるんだな…

ゆっくり、でも諦めない。

と、いう感じでやっていきます!


私も協力したいなー!
何か力になれることあるかなー?

って
思った方たち、色んな形で協力できます。

募金もそう、個人的に誰か子供ちゃんのスポンサーになるのもそう、まいこーに直接連絡取ってくれてもいいです。
info@chai-king.com

そして
この記事のシェアだって、一つの協力の形です。
少しでも多くの人に知ってもらうことが第一歩。

だからこそ
まいこーもこうして発信しています(^ω^)
どうぞ
みなさんのご協力お待ちしています。


ワスワング村のお話、まだ続きがあるのでそれはまた次回に!

ではまたー!

----------------------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】

ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!



| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ワスワング村の学校再建プロジェクト完了!
ナマステー!

今回はワスワング村について書きます〜(^ω^)

いやはや、
最近書きたいことが多すぎてなかなか追いつきませんで。

5月4日にワスワング村に行ってきましたー!
わーわー!!

その前々日に、ベンチが出来たと連絡ありましてチェックに行きました(^ω^)

じゃーん!



ひゅうーう!
いい感じ!

こんなにあるよー!



24個ありまする。
出来たからって、置いておける倉庫なんてものはないので、カバーかけてくれてます。
ありがとーおじさん!

10日で仕上がると言っていたおじさん、
16日で仕上げてきたのは、ネパールでは優秀だと思う!!笑
なんせ停電中は電気ないから作業進まないしね…



その日はもう夕方で、
ワスワング村は電話もうまいこと通じないので、
その翌日にジープの手配と、ドマの仕事の調整をして、

ベンチが出来た2日後には出発です〜
いえーい!
やっとこ行けるぜー!!

ただ、
ドマのガイドの仕事と、
長年続けている密猟についての環境保護団体の活動(ドマはその団体の代表!)が立て込んでるため、
長居はできません。

今回は一泊二日の予定です。

洞穴に住むチェパング族を見に行ける、
という話もありましたが、
今回は難しそう。ちょいと残念。


朝の7時半にドマの家を出発、
今日はベンチを運ぶのでジープを1日貸切です。

途中ジープと合流してベンチ屋さんに。

さー積み込むよー!!



……。。。
…あれだね。



…ジープ完全に小さいね。。

全然乗らなそうだねー!!!!!



中に乗せられたの、24個中6個…
こりゃムリだわ…トラクター呼ぼう?
と、何度も提案するも、

「大丈夫大丈夫、もうちょい様子見てみよう!」

と却下され続け。。



めっちゃ出てるね…
うん、出ちゃってる…



あ、まだいっちゃう?
そっか、まだいっちゃうよね



すごいね
まだまだあるってのに諦めないね



いやー
もしかしていけるんじゃ…

いや、こりゃいけるな…
と思えてきたよ、こんだけ積んでたら



ドマも写真撮ってたよ
てかドマ、人んちの田んぼ入っちゃってるね!

なんかもうネパリは突っ込みどころ満載すぎて、きりないわ



「よし!あとはロープで固定だ!」

って、全部積めたんだー!!!

すごー!!!!!




こんな感じだけどね 笑

ロープでギチッギチに止めて、完成!!!

これで問題ないならいいけど。。
って思ってたら、やはり問題あるようで。

「ポリスに止められないように、裏道から行くから大丈夫!」

とね。。。
そっか…そうだよね。
そりゃこんな積み方ダメだよね。。

しかも人もその上に乗ってるしね。。



すごいなー!!!そこ座るの!!?

と、諸々驚き隠せませんが、ネパールウェイで切り抜けます。


この時点で既に出発から2時間以上経過…笑
積み込むのに1時間かかってますね。


何はともあれ出発です。
よかったよかった。


電線とポリスに気をつけながら
裏道通ってメインロードに出て、

まずはパルサにて修理に出してた車の部品を回収、設置

こういうのもね、
前持ってやっとかないのがネパリ式

バンダラに着いたのは10時半
出発から3時間経ってるね。

もうこんなの気になりません。

バンダラにて村人に配る用のスナックやらチウラ(干米)やら水やら買い込みます。

今回は
私とドマとシバダイの3人だけなので、ご飯は自分たちで作らずに村人のお家にお世話になります。

さーさー
ワスワング村へ向かうよー!!!


途中お昼休憩



お昼後、まさかの天気大荒れ

突風がすごくて、
砂埃で一メートル先も見えなくなる

雨も降り出す

一ヶ月以上雨降ってないのに、
何故このタイミングで!!!!

恵みの雨ではあるけれど、
何故このタイミングで!!!!!

てか、上に乗ってるみんな!!!!!

私とドマは中に座ってるからいいものの、シバダイと他の人はジープの上に座ってる…

こりゃキツすぎる…休憩しよう!!

と、提案するも、
このまま天気が荒れて雨がひどくなったら、道が悪くなって村まで行けなくなってしまう!

とのこと。

なんてこったー!!!!

それはマズイ。
とてもマズイ。

と、いうことで、
強行突破することに決定。

雨も風も大変だけど、行っちゃいます。

イスにはカバーをかける。



風すごい!!


て、ことでちょいと状況厳しかったですが、5時間かけてようやくワスワング村に到着です。



まずはイスを降ろして…



降ろすのも一苦労



おーこんなに積んであったんだね!
改めてすごい!
よく積んだよ!!



そして
運びます。

ここからは道路ないので、人力で。



村のみんなも手伝ってくれます



ドマと私も、2人で一つ運んでみる。
20数キロあるベンチ。

あのね、

めっちゃ辛い!!!!!

まいこー、
前回の旦那さんとの一年半の長期旅行も合わせて、

断トツに一番辛い!

めっちゃキツい!!!

登り道そんなに長くないしね〜

とか、まじ侮り過ぎてた!!!!!

なんっっって辛いんだ!!!!!!

これでもかって位息切れしたよ、まいこー32歳。。

なのに
村人のみんなはこれを何度も何度も荷物運んでくれたのね…

セメントとか50キロもあるのに…



めっちゃくちゃ大変だったんだな…

と、実感、体感。

いや、ほんとやってみないと分からないよね。

「置いといていいよ!」
と、
言われたけど、運んでみて本当よかったわ。

より村人さんたちに感謝です。
ありがとー!!!

あなたたちの助けがなかったら、
このプロジェクトは出来上がらなかったです!!


そして
教室に搬入。



あ、ドマが何かしてますね

これも、他の団体さんに

「自分たちがやったんです」

と、言われないように、机に名前を書いてます。

ほうほう



まいこーも書く



supported by Japanese friends

って書きました。
机のど真ん中に書いちゃうのもネパリウェイ。

もう、オシャレどうこう関係ないです。
従いましょう。


書いたら、みんなの元へ



お手伝いしてくれた村人さんたちに、
持ってきたスナックやら地酒やらを振る舞います。



これもネパリ式。

だからこそ
みんな毎回喜んでお手伝いしてくれる



子どもたちにもスナックを



お父さんいいお顔!
集まって何かするだけで、村ではイベント



チウラも配る

配るのもギャンダイが手伝ってくれます



ビニール袋とかないから、
こうして貰う



お母さんも嬉しそう
チウラ(干し米)はこの辺では手に入らないのです



若者もいる
ジープのお兄ちゃんも手伝ってくれた



みんなでワイワイと



因みにこれがチウラ



特に味もないけど、
このままおやつ代わりに食べる



これがジャル
トウモロコシで作るお酒



ちょっと飲んでみる
酸っぱいけど、なかなか美味しい



こうして村の人たちと交わるのはとてもいい時間です




既に
学校の終わってる時間だったけど、
子どもちゃんたちに学校に来てもらって
椅子に座ってもらった




いい感じ〜!!



いや〜
感慨深いね!!



うんうん



窓の外からも撮っちゃう



いやー
いいね!!!!

だよ。
ほんと、よかったよかった。

ただ、本当は二列で各教室8ベンチの予定なんです。

今、教室が一つ小さな子供たち用に使われておりまして…



こうしてカーペットとかひかれているわけです。

なので、ちとキツキツに。
これは後々先生たちにうまいことやってもらうことにしました。

もう一つ校舎も他の団体さんが作るようなので、それとの兼ね合いですね。


兎にも角にも
ベンチも無事に搬入できて、
これにて学校再建プロジェクト一旦完了!!!

と、いうことになります!

ご協力頂いたみなさん
ありがとうございましたー!!!



その後外に出て、ポストカード書き。



ここの子供たちは本当にかわいい



みなさんのお手元に無事に届きますように!

文字を逆さまに書いちゃってる子、
うまく書けなくてグチャグチャってやっちゃってる子、
絵が得意な子、
絵が苦手な子、

色んな子がいるけど、みんな気持ち込めて書いてくれました!

書いてあるネパール語は

ナマステ!ありがと!

と、書いてくれてる子が殆どです(^ω^)

気持ち届きますように!!


そーれーかーらー
まいこー皆さんにお伝えしたいことがあります。

ここから大事!本気で書きます。


学校再建が今回の支援のゴールでもなんでもないんですってことを改めて。



学校が出来たからそれで終わり、じゃなくて、これからも支援はずっと続けて行きたいです。

いや、続けていきます。

ただ、
それは震災被災者の支援という形ではなく、
ワスワング村への支援という形に切り替えていきたいな、と思っています。



こうして何かのご縁でつながれたワスワング村、
元々貧しく、支援が必要な場所であることを知りました。

学校を再建するという形で関わることができて、村人さんたちとも知り合えました。



村がどういう現状なのか、
教育がどうなのか、
医療がどうなのか、
水や電気はどうなのか、
震災被災者としての政府からの支援はどうなるのか、

この先も一緒に見守っていけたらと思っています。

勿論震災で被害を受けた村人たちの手助けもしたいです。



大きなことは出来ないけど、何か出来ることはまだあるって思います。

長い目で考えたら、
いつかここで暮らす子供たちが、
山から下りてきてちゃんと勉強できる環境作りなんかが出来たら、
そりゃあもう最高だな、なんて思ってます。



だけどもそれには時間もお金もかかります。

だから、今は少し状況を見守りたい。
そう思ってます。

今すぐに大きな動きをするつもりはないけれど、募金の口座はこのままにしておきたいと思います。
ネパール震災への募金という形ではなく、ワスワングへの募金という形にして。

ご興味ある方、これからも一緒にワスワング村のみんなのお手伝いをしていきませんか?

もし何かご意見ありましたら、
info@chai-king.com
までよろしくお願いします。


と、こんな感じです!!!
ふふふ(^ω^)

ワスワング村での続きのお話もあるので、
それはまた次回に書きますね〜。


先ほども書いたように、
支援はこの先も続きます。

だけど一旦言わせてください。

関わってくれた全てのみなさん、
本当にありがとうございました!!






-----------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】

ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!













| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |