無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ドマ、バスバング村に資材を運ぶの巻
みんなさん ナマステ!

さて
本日はドマから最近届いた、バスバング村に資材を届けた時の報告です。

なかなかの長文になってしまうので、何回かに分けてアップさせてもらおうかと思います。

訳は、ドマの話口調そのままで訳させてもらってます。

そしたらなんだかお話し風になってしまったけど、ドマを身近に感じていいかなーと。

ドマは私の一つ年下、31歳のネパール人女性です。



震災以前からお友達で、

いつも2人で「私たちに何が出来るか」って話をしてました。
今、私たちにできること。

皆さんからお預かりした募金で、1人でも多くの人の笑顔を見れたらって思って動いてます。

過去ブログにちょいちょい書いてますのでよかったら見てみてくださーい^^




今は、バスバング村の学校再建!!

ゆっくりゆっくり進んでます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月27日

ドマたちは
何度もバスバング村に行く計画を立てていたものの、
村に向かえる2つのジープを確保出来ずにいました。

ジープは結婚式やお葬式などでいつもいっぱいだったのです。

ようやくジープの運転手から連絡が来て、
2月27日にジープが空いていると知らされました。

2月27日、ドマたちはジープに乗るためバンダラという町まで出ます。

お手伝いをしてくれる村人たちに配る用のスナックを持って、午後3時ごろの到着でした。
バンダラからは4時に出発の予定です。

バンダラから出発し、少し進んだところで、不運にもタイヤに問題が起こりました。
新しいものが近くの街から届くまで待たなければなりません。
準備が整い、ドマたちがそこを出発できたのは6時15分を過ぎた頃でした。

そのためか、ジープには乗りきれないほどの人でいっぱいになりました。





運転手でさえ、
「こんなにたくさんの人は運べないよ!危なすぎる!もう乗り込まないでくれ!」
という始末でした。

しかし誰も聞きません。
ジープはそのまま出発します。

また少し進んだところで、同じ方向に向かう短距離用のジープに出会いました。
少しの人がそちらのジープに移りました。

しかしそれでも多すぎる乗客です。
ジープは右へ左へ、左へ右へと揺れながら進んでいきます。





川に近づいた時には、大きな事故になってもおかしくない状況でした。
その時ジープはブレーキが利かず、後退していったのです。
乗客全員がとても怖がっていました。

しかし幸運にも大きな事故もなく、
途中の村でまた数人が降りた後は、
ジープは何の問題もなくバスバング村に辿り着きました。

既に夜の11時45分になっていました。
ドマたちは途中の商店で寝させてもらったようです。


2月28日


翌朝、学校代表の家に向かいます。
代表に会うと、
ドマは学校再建のための資材を運んでくれる村人を集めてくれるよう頼みました。

資材は既にトラクターで運んであります。
そこから、山の上の学校の場所まで人力で運ぶのです。

代表は出かけようとしているところでしたが、

「私たちは遠くから来ているし、電話も繋がらない環境なのだから、
あなたが今出かけてしまっては困る。
やるなら今しかない!作業を一緒に終えた後に、一緒に山を降りましょう」

そう説得し、作業を手伝ってくれる村人を集めてもらいました。

4〜5人ほどの人をいくつかの村に向かわせ、手伝いに来れる人を集めます。

しかし今の時期、
村人はとうもろこし栽培用に、水牛の糞を運ぶので忙しくしているようです。
更に男性は、自身の家の復旧にも忙しくしています。
更に更に、皆が同じ一つの山に住んでいるわけではなく、違う山に住んでいたりするので、
集まるのにも時間がかかるという状況です。

午前11時には運搬の作業を始めようと思っていましたが、時間になっても誰も集まりません。
ドマたちは不安になり始めました。

ドマはこの時の心境をこう話してくれました。
「この時はすごくすごく不安だった。
もしかしたらこれら資材を運ぶのは不可能なんじゃないかって思った。
どうして学校の再建に、こんなに難しい場所を選んでしまったのか、そういう考えが頭から離れなかった。」

ドマたちはその場所で2時間待ち、時間はいつの間にか午後の1時になりました。。。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この先もまだ続く報告なのですが、長くなってしまうので続きはまた次回に!!

また明日更新しますので少々お待ちをー!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
{ネパール募金の詳細}


日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。
でも、現地ではそれがまだまだ現実です。
少しでも多くの支援が必要です。
1か月の収入が1万円にも満たない国です。
みんなの支援は大きな力になります。
どうかご協力宜しくお願いします。


【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします

※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします

※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額とネパールの方に伝えたいメッセージを入れてくださると嬉しいです

振り込みを確認できたら、メールにて連絡します。


この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。


Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!


何があっても諦めません。

| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |