無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ワスワング村のギャンダイのお話
ナマステー!

みんなさんいかがお過ごしですか。

まいこーはチトワンにてのらりくらりと過ごしてます。

先日みんなさんにお願いした、
机と椅子の購入やら運搬の費用が若干足りてません…
というお話なのですが、



無事に集まりました〜(^ω^)
ブログを読んで、ご協力して下さったみなさん、本当ありがとうございますー!

もう、まいこーとっても嬉しくて、
なんだかうずうずしちゃいました。

一年経っても、
こうしてネパールのことを想って協力してくれる人がいることに、嬉しくなります。

よかったー!

これで注文した数の机と椅子は運べそうです^ ^

ただ、机と椅子はあともうちょいあるとベストだなぁと思っています。
それに、備品諸々も。

なので
ワスワング村の
学校支援の募金(ネパール大震災の支援募金)はもう少し続けていきたいな、と。

ブログを読んで、
ワスワング村のことが
少しでも気になった方、ご協力頂けるとすごくありがたいです!
よろしくお願いします^ ^


さて
今日はワスワング村に住むギャンダイのお話です。

ギャンダイとは
ワスワング村に住んでいて、学校作りをすごくたくさん手伝ってくれた村人さんです。



一度ギャンダイのお家に行って、ゆっくりとお話したことがあります。

ギャンダイは頭のいい人で、
小さな頃から勉強が好きだったそうです。

だけども
この村には、小学校の五年生までしかない。

幼き日のギャンダイは、
勉強を続けたいと親にお願いをしたそうです。



8年生まで行くと、日本で言う中学まで行ったことになります。

勉強を続けるには、
遠くの学校まで通うか、
どこかの寮に入る、
もしくはどこかの家にお世話になる、
しかありません。
どれもお金がかかります。

ギャンダイの親からの返事は

「今日食べるものもないのに、どうやって学校に行くんだい?」

と、ギャンダイの希望は叶えられませんでした。

その後
ギャンダイは家の働き手として家に残り、勉強を続けることは諦めるしかありませんでした。

その後結婚し、子供も産まれ、家庭をもちます。
村で畑を耕し、鶏を飼う、ご飯はトウモロコシの粉を練って茹でたものと乾燥野菜が主な食事、それがギャンダイの村での生活です。



だけども今も
勉強をしたかったという気持ちは忘れられません。

だからこそ、
自分の子供にはちゃんと教育を受けさせたい。

そう強く思っている人でした。

ギャンダイには5年生の息子と3年生の娘がいます。

その娘が、前回のブログにも出てきたミサです。



そうは思っても、自分が子供の頃と同じく、子供を学校にやるお金がありません…
チェパング族は、元々が経済的に貧しい民族なのです。
お金に依存することなく、自然と共に生きている、そういう民族です。

だけども
学校に行くとなるとお金がかかる…

うーむ…
なんだか難しいなぁ。。

公立の学校に行けば学費はかかりません。
諸々とかかるお金はありますが。

私立はお金がかかるけど、
やはり公立とはレベルにかなり差があります。
ネパールの私立の学校は、授業を全て英語でやるのです。
だから、少なくとも英語ができるようになる。

子供の将来を案ずる親にとっては、私立に行かせたいのが本音でしょうね。

ギャンダイは
詳しくは何も言ってこなかったけど、

「もし子供達をサポートしてくれる人たちがいたら、どうかよろしくお願いします。」

と言われました。
足長おじさん的な感じですね。

まだちゃんと調べてないですが、
年間4万円で私立に通えるとか、ネパールの学校はそんな感じだったような…

兎に角、
日本の学校と比べたら、そこまで大きな金額ではないです。

もし
ギャンダイの子供達をサポートすることに興味がある方いらっしゃいましたら、どうぞまいこーまで連絡ください!
info@chai-king.com


と、いうギャンダイのお話でしたー!
ギャンダイがとても真面目でいい人なので、力になれたらなーと思ってお知らせさせてもらいました(^ω^)


そうそう、
先日オーダーした椅子と机をチェックしに行ったのですが、
あと一週間かかるようです!



ネパールは停電がありすぎるので、なかなか作業が進まない現状ですね。

仕方ない仕方ない。
ゆっくりゆっくり やっていきます!

それでは
今日はここで!

また書きます!


---------------------------------------------

【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!




| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |