無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ネパールの結婚式にお呼ばれしてきましてん
ナマステー!

ちょいとご無沙汰してました。

みんなさんお元気でしょうか?
まいこーは体調崩したりしちゃって、ちょいとバテてました。

暑過ぎるんだな、ここ…
40度が続くとさすがにきつい。
せめて扇風機!!

天井のファンはあるんだけどね、だけどね、電気がないからね…
日中は3時間くらいしか毎日電気がありません。
夜中はあるんだけどね…


その他諸々
なんやかんやとバタバタしておりまして、一週間ぶりの更新になっちゃいました。

書きたいこと山程あるぜー!
そして
実はその間に村にも行ってきたのですが、そのお話はまた今度。


今日はネパールの結婚式にお呼ばれしたお話しです(^ω^)

ドマの家のご近所で、結婚式がありました。

そして何故か私も貰えました、招待状。


maico になってるね
かわいいね

中身はこんな感じ



両家の名前とか時間とかなんやら、日本と似た感じ

違うのは手渡しで貰ったことくらいかしら。

なので、行ってみました。



近所のお寺でやりまする

この日の新婦さんは双子ちゃん
ネパールでは双子は双子と結婚しなきゃいけないという、心底意味の分からない決まりがあったらしいのですが、最近ではそれもゆるくなってるとか。

でも、未だ現存する決まりでもあるみたい。
すごいな…意味分からなすぎる…

で、この双子ちゃんたちはお互い別々にお相手を見つけたようです。(お見合い結婚ではあるけれど。ネパールではお見合い結婚が主流)

よかったね、ルールゆるくなって…
双子は双子と、なんて見つけるの大変すぎるよ。。



お寺の前で待ってたら、
お、きたきたー!

男性側のみなさんがやってきました。

ネパールでは
女性側の家に男性側が迎えに来るというスタイルです。

なので、
女性側のみんなが待っているところに、男性側のみんなが男性側の家から
車やらバスやらで来て、近くまで来たら降りてぞろぞろと歩きながら歌いながら踊りながら女性側を訪れます。


兎に角、まいこーは女性側にお呼ばれしたので、待ってたら来ます



そしてお寺でセレモニー



草の首飾りをつけてあげたり、指環を交換したり、お祈りの言葉をかけたり、なんやかんや



この白いタンクトップの男性は
お寺のグルーですね

日本で言う住職さんみたいな感じ
教会で言う神父さんみたいな感じ



なんやかんや
なんやかんや



セレモニーの周りでは楽器が演奏されたり



こんな感じだったりします

セレモニーはまだまだ続く



一番面白いなぁと思ったのはコレ



足を洗ってあげる
そしてお祈りをする
お祝いのお金も渡す



もちろんおでこにティッカ(赤いお粉やら生米やら)もつける



足洗ってお祈りからのティッカ、親戚みーんなやるからすごい時間かかる

しかもティッカの量がすごいから、汚れないように膝に布かけてたのが印象的

おでこがすごいことになっていた



親族写真
いい感じである

お寺ではみんな盛り上がって踊っている



輪になっていて、誰でも真ん中に踊りに行ける



素敵である




何時に食べるとか
何時に踊るとか
全然決まってなくて、すっごい適当 笑

セレモニーやってる間も、みんな自由に過ごしていた


そうそう、
参列者の女性は結構ちゃんと赤でオシャレしてるのに
男性は結構普通だったな




で、少し時間が経ってから新婦さんに会いに行く



すてきやー



でも何か悲しそうな顔をしていたんだ



どうしたんだろうって思っていたの
その時には理由が分からなかった

そして
その後に、最後のセレモニーがあって、
新婦さんを新婦のお父さんがおんぶしてお寺を廻るっていうね。

なんかシュール
写真めっちゃ分かりにくいけど、すごい奥におんぶされてる新婦さんが写っている



で、外に車がセッティングされてるんけです



そして
おんぶのまま車に向かって、父親が娘を車に乗せる



そのまま
車は出発する



え!!!!??

これで式は終わり

そうなんです、
あのまま新婦さんは男性側の家に行くのです。

そして何日か後に一日だけ戻ってきて、荷物をあちらの家に運ぶらしいです。
そのまま、あちらでの生活がスタートします。


わたくし
まいこー唖然でした。

唖然です。

あぁ、これが

嫁に行く
ということなのか、と。


式が終わったらもうあっちに行かないといけないのか…と。
式の余韻に家族で浸ったりとか、
友達と盛り上がったりとか、
ないのか…と。

式が終わり次第、あちら側の人間にイキナリなってしまうのか…と。

そりゃあ
式が終わりに近づくにつれて悲しい顔にもなるわ。

メチャクチャめでたい日と、メチャクチャ悲しい日が一緒なのか。。

なんて複雑。

だけども
これが嫁に行くということなんだなぁと、しみじみと思ったわけです。


ネパールでは嫁に入ったらすぐに相手側の家(結婚後は絶対的に同居からスタート)で働くことになるわけです。

あえて「働く」と書いたのは、家事やら畑仕事の働き手としてお嫁さんをもらう、という意識がこの国にはまだあるから。

日本とネパールでは
結婚についての意識がかなり違うのは知っていたけども、
「嫁に行く」
という言葉の重みをすごく感じた日になりました。


何がいいとか
何が悪いとか
そんなんじゃないけど、
なんだかちょっと切ない気持ちになったネパールの結婚式でございました(´-`)


-------------------------------------


【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!




| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |