無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ワスワング村の学校再建プロジェクト完了!
ナマステー!

今回はワスワング村について書きます〜(^ω^)

いやはや、
最近書きたいことが多すぎてなかなか追いつきませんで。

5月4日にワスワング村に行ってきましたー!
わーわー!!

その前々日に、ベンチが出来たと連絡ありましてチェックに行きました(^ω^)

じゃーん!



ひゅうーう!
いい感じ!

こんなにあるよー!



24個ありまする。
出来たからって、置いておける倉庫なんてものはないので、カバーかけてくれてます。
ありがとーおじさん!

10日で仕上がると言っていたおじさん、
16日で仕上げてきたのは、ネパールでは優秀だと思う!!笑
なんせ停電中は電気ないから作業進まないしね…



その日はもう夕方で、
ワスワング村は電話もうまいこと通じないので、
その翌日にジープの手配と、ドマの仕事の調整をして、

ベンチが出来た2日後には出発です〜
いえーい!
やっとこ行けるぜー!!

ただ、
ドマのガイドの仕事と、
長年続けている密猟についての環境保護団体の活動(ドマはその団体の代表!)が立て込んでるため、
長居はできません。

今回は一泊二日の予定です。

洞穴に住むチェパング族を見に行ける、
という話もありましたが、
今回は難しそう。ちょいと残念。


朝の7時半にドマの家を出発、
今日はベンチを運ぶのでジープを1日貸切です。

途中ジープと合流してベンチ屋さんに。

さー積み込むよー!!



……。。。
…あれだね。



…ジープ完全に小さいね。。

全然乗らなそうだねー!!!!!



中に乗せられたの、24個中6個…
こりゃムリだわ…トラクター呼ぼう?
と、何度も提案するも、

「大丈夫大丈夫、もうちょい様子見てみよう!」

と却下され続け。。



めっちゃ出てるね…
うん、出ちゃってる…



あ、まだいっちゃう?
そっか、まだいっちゃうよね



すごいね
まだまだあるってのに諦めないね



いやー
もしかしていけるんじゃ…

いや、こりゃいけるな…
と思えてきたよ、こんだけ積んでたら



ドマも写真撮ってたよ
てかドマ、人んちの田んぼ入っちゃってるね!

なんかもうネパリは突っ込みどころ満載すぎて、きりないわ



「よし!あとはロープで固定だ!」

って、全部積めたんだー!!!

すごー!!!!!




こんな感じだけどね 笑

ロープでギチッギチに止めて、完成!!!

これで問題ないならいいけど。。
って思ってたら、やはり問題あるようで。

「ポリスに止められないように、裏道から行くから大丈夫!」

とね。。。
そっか…そうだよね。
そりゃこんな積み方ダメだよね。。

しかも人もその上に乗ってるしね。。



すごいなー!!!そこ座るの!!?

と、諸々驚き隠せませんが、ネパールウェイで切り抜けます。


この時点で既に出発から2時間以上経過…笑
積み込むのに1時間かかってますね。


何はともあれ出発です。
よかったよかった。


電線とポリスに気をつけながら
裏道通ってメインロードに出て、

まずはパルサにて修理に出してた車の部品を回収、設置

こういうのもね、
前持ってやっとかないのがネパリ式

バンダラに着いたのは10時半
出発から3時間経ってるね。

もうこんなの気になりません。

バンダラにて村人に配る用のスナックやらチウラ(干米)やら水やら買い込みます。

今回は
私とドマとシバダイの3人だけなので、ご飯は自分たちで作らずに村人のお家にお世話になります。

さーさー
ワスワング村へ向かうよー!!!


途中お昼休憩



お昼後、まさかの天気大荒れ

突風がすごくて、
砂埃で一メートル先も見えなくなる

雨も降り出す

一ヶ月以上雨降ってないのに、
何故このタイミングで!!!!

恵みの雨ではあるけれど、
何故このタイミングで!!!!!

てか、上に乗ってるみんな!!!!!

私とドマは中に座ってるからいいものの、シバダイと他の人はジープの上に座ってる…

こりゃキツすぎる…休憩しよう!!

と、提案するも、
このまま天気が荒れて雨がひどくなったら、道が悪くなって村まで行けなくなってしまう!

とのこと。

なんてこったー!!!!

それはマズイ。
とてもマズイ。

と、いうことで、
強行突破することに決定。

雨も風も大変だけど、行っちゃいます。

イスにはカバーをかける。



風すごい!!


て、ことでちょいと状況厳しかったですが、5時間かけてようやくワスワング村に到着です。



まずはイスを降ろして…



降ろすのも一苦労



おーこんなに積んであったんだね!
改めてすごい!
よく積んだよ!!



そして
運びます。

ここからは道路ないので、人力で。



村のみんなも手伝ってくれます



ドマと私も、2人で一つ運んでみる。
20数キロあるベンチ。

あのね、

めっちゃ辛い!!!!!

まいこー、
前回の旦那さんとの一年半の長期旅行も合わせて、

断トツに一番辛い!

めっちゃキツい!!!

登り道そんなに長くないしね〜

とか、まじ侮り過ぎてた!!!!!

なんっっって辛いんだ!!!!!!

これでもかって位息切れしたよ、まいこー32歳。。

なのに
村人のみんなはこれを何度も何度も荷物運んでくれたのね…

セメントとか50キロもあるのに…



めっちゃくちゃ大変だったんだな…

と、実感、体感。

いや、ほんとやってみないと分からないよね。

「置いといていいよ!」
と、
言われたけど、運んでみて本当よかったわ。

より村人さんたちに感謝です。
ありがとー!!!

あなたたちの助けがなかったら、
このプロジェクトは出来上がらなかったです!!


そして
教室に搬入。



あ、ドマが何かしてますね

これも、他の団体さんに

「自分たちがやったんです」

と、言われないように、机に名前を書いてます。

ほうほう



まいこーも書く



supported by Japanese friends

って書きました。
机のど真ん中に書いちゃうのもネパリウェイ。

もう、オシャレどうこう関係ないです。
従いましょう。


書いたら、みんなの元へ



お手伝いしてくれた村人さんたちに、
持ってきたスナックやら地酒やらを振る舞います。



これもネパリ式。

だからこそ
みんな毎回喜んでお手伝いしてくれる



子どもたちにもスナックを



お父さんいいお顔!
集まって何かするだけで、村ではイベント



チウラも配る

配るのもギャンダイが手伝ってくれます



ビニール袋とかないから、
こうして貰う



お母さんも嬉しそう
チウラ(干し米)はこの辺では手に入らないのです



若者もいる
ジープのお兄ちゃんも手伝ってくれた



みんなでワイワイと



因みにこれがチウラ



特に味もないけど、
このままおやつ代わりに食べる



これがジャル
トウモロコシで作るお酒



ちょっと飲んでみる
酸っぱいけど、なかなか美味しい



こうして村の人たちと交わるのはとてもいい時間です




既に
学校の終わってる時間だったけど、
子どもちゃんたちに学校に来てもらって
椅子に座ってもらった




いい感じ〜!!



いや〜
感慨深いね!!



うんうん



窓の外からも撮っちゃう



いやー
いいね!!!!

だよ。
ほんと、よかったよかった。

ただ、本当は二列で各教室8ベンチの予定なんです。

今、教室が一つ小さな子供たち用に使われておりまして…



こうしてカーペットとかひかれているわけです。

なので、ちとキツキツに。
これは後々先生たちにうまいことやってもらうことにしました。

もう一つ校舎も他の団体さんが作るようなので、それとの兼ね合いですね。


兎にも角にも
ベンチも無事に搬入できて、
これにて学校再建プロジェクト一旦完了!!!

と、いうことになります!

ご協力頂いたみなさん
ありがとうございましたー!!!



その後外に出て、ポストカード書き。



ここの子供たちは本当にかわいい



みなさんのお手元に無事に届きますように!

文字を逆さまに書いちゃってる子、
うまく書けなくてグチャグチャってやっちゃってる子、
絵が得意な子、
絵が苦手な子、

色んな子がいるけど、みんな気持ち込めて書いてくれました!

書いてあるネパール語は

ナマステ!ありがと!

と、書いてくれてる子が殆どです(^ω^)

気持ち届きますように!!


そーれーかーらー
まいこー皆さんにお伝えしたいことがあります。

ここから大事!本気で書きます。


学校再建が今回の支援のゴールでもなんでもないんですってことを改めて。



学校が出来たからそれで終わり、じゃなくて、これからも支援はずっと続けて行きたいです。

いや、続けていきます。

ただ、
それは震災被災者の支援という形ではなく、
ワスワング村への支援という形に切り替えていきたいな、と思っています。



こうして何かのご縁でつながれたワスワング村、
元々貧しく、支援が必要な場所であることを知りました。

学校を再建するという形で関わることができて、村人さんたちとも知り合えました。



村がどういう現状なのか、
教育がどうなのか、
医療がどうなのか、
水や電気はどうなのか、
震災被災者としての政府からの支援はどうなるのか、

この先も一緒に見守っていけたらと思っています。

勿論震災で被害を受けた村人たちの手助けもしたいです。



大きなことは出来ないけど、何か出来ることはまだあるって思います。

長い目で考えたら、
いつかここで暮らす子供たちが、
山から下りてきてちゃんと勉強できる環境作りなんかが出来たら、
そりゃあもう最高だな、なんて思ってます。



だけどもそれには時間もお金もかかります。

だから、今は少し状況を見守りたい。
そう思ってます。

今すぐに大きな動きをするつもりはないけれど、募金の口座はこのままにしておきたいと思います。
ネパール震災への募金という形ではなく、ワスワングへの募金という形にして。

ご興味ある方、これからも一緒にワスワング村のみんなのお手伝いをしていきませんか?

もし何かご意見ありましたら、
info@chai-king.com
までよろしくお願いします。


と、こんな感じです!!!
ふふふ(^ω^)

ワスワング村での続きのお話もあるので、
それはまた次回に書きますね〜。


先ほども書いたように、
支援はこの先も続きます。

だけど一旦言わせてください。

関わってくれた全てのみなさん、
本当にありがとうございました!!






-----------------------------

【ネパール・ワスワング村支援募金】

ネパールでの震災後、
被災者支援をする中で、
学校再建を通してご縁ができたワスワング村。

自然と共に生きる、チェパングという人たちが住んでいるところです。

教育
医療

電気
震災で被害を受けた家

と、問題は山積み。

元々貧しい彼らの村には、
震災どうこうと言う以前に、
支援が必要なんだってことを知りました。

せっかく出会えた彼らの村、
ワスワング村の支援をこの先もしていきたいと思っています。

小さなことで言ったら
文房具を買って届けてあげるということ、
大きなことで言ったら
小学校までしかない村の教育の後も、
勉強を続けたい子供たちのお世話をしてあげるということ。

何か少しずつ、考えていきたいと思います。
一緒に考えてくれる人、大募集です(^ω^)


【ネパール・ワスワング村支援募金の口座はこちらです】

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。


まいこーとドマは
細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!













| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |