無料ブログ作成サービス JUGEM
とっても大事、ネパールの生理のお話し。
ナマステー!!

昨日のブログで生理中ってことをリアルタイムでお知らせして、なんだかこっぱずかしいまいこーです。

でもね、
だからこそリアルタイムで皆さんに色々とお話しできるわけで!

ネパールのそういうお話しもまた、面白いと思うのです。
ふふふ



女性にとっては欠かせないお話しだしね!

しかも
ネパールでは生理中っていうのは隠すものでなく、むしろそれに伴った行動を取らなくてはいけないので、隠したり恥ずかしがったりするところではないのです。



そんなことんなで、
今日はネパールの生理事情を書いてみます〜(^ω^)
なかなか知ってる人はいないかもしれない!


前回のブログに書いた通り、

生理中は
お祈りの場にいられません。
お寺に行くのもダメ、行事ごともダメ、ティッカ(おでこにつける赤やら黄色のあれ)ももらえません。


(赤のティッカは祝福のティッカ)

なのでまいこーも昨日の法事は遠くから眺めるだけで、近くにも寄れないしお手伝いもできませんでした。

お手伝いも出来ないとはどういうことかというと、
生理中に何より気をつけなきゃなのは、
キッチンは出入り禁止になるということ!

これがすっごい大事!!

キッチンに入れないどころか、
食器に触ることも禁止です。

なのでもちろんお手伝いもできません。
食器洗いもできません。

なんなら、食器が置かれてる縁台とかに座るのもダメです。
座るどころか、寄りかかるのもダメです。



間接的に触るのもダメとされています。
なので、昨日はこの葉っぱのお皿が乗ってる縁台に触れないように神経使いまくってました。

ご飯もみんなと離れたところで別で食べます。



あのね、さみしすぎる!

自分が使ったお皿は自分で洗って、干しておきます。

完全に乾くまでは他の人もそれに触れちゃいけません。



乾いたらオッケーらしい。

これが生理の最初3日間ちゃんと守らないといけない決まり。
4日目の朝にシャワーを浴びて身を清めたら、そこからは普通に戻れる。
(3日目の朝もシャワー浴びないといけないらしい。)

これは特別な儀式などがない、日常の生活の中に当てはまるもので、もし法事とか諸々の行事がある場合は、○○日目までダメ…と、その行事によって変わってくるらしい。



ほう…ややこしいな…

とにかくまいこーにとっては初めてこの習慣をやってみたわけです。
ほんと、難しい!!

ドマの家では主に妹レノカがご飯を作ってるわけだけど、レノカが生理の時は、ドマだったりお父さんだったりが料理をするらしい。



家族の協力も必要なわけね。
なので、絶対的に家族に申告しないといけないわけです。
「今日から生理です」と。


これを聞いた時、もしかして女性を家事から休めるために作られた習慣なのかな…とも思ったりしたけど、
ひとりご飯もしなきゃだし、お祈りにも行けないし、そうなるとそれが理由でもなさそうだ。。


まいこーネパール来て2ヶ月目なので、
実は前回の生理もドマの家にいた時だったのです。
その時は全く気にせずに普段通りにしていて、その習慣を知ってはいたけど、
外国人だから大丈夫でしよ〜
なんて思っていたわけね。

そしたら!!

これは後から聞いた話なんだけど、

どうやら私がポカラに行ってる間に、
ドマの家の水牛がミルクを出さなくなったみたいで。。!!!

で、理由が分からないドマ父は、お寺のグルーに相談しに行ったそう。
そこでグルーに
「誰か生理中にキッチンに入っている」
と、言われたそうで!!!!

まじかー!!!!

私だわ!!!!

そしてグルーがお祈りをして、
お祈りを水牛にもしたら、

なんと
すぐにミルクが出るようになったと…!!

もう、
どこまで信じていいか分かんないけど、
ミルク出なくなったのは本当だしね。。

と、
いうことがあったので
「今回は気を付けてね!」とドマに言われていたわけです。



どうやら、
その家で何か間違ったことが起こると、
まずは牛か水牛に影響が出ると言われているみたい。

家畜がいなければ
人間に直接影響が出るらしい…

だから、早くその原因を取り除かないと
どんどん悪影響が家の中に蔓延していってしまう、と。
なので、
グルーに原因をみてもらって、お祈りしてもらうんですね。

いやー
いやはやいやはやー
いやいやー

すごいな、なんか。


※カーストによって、民族によって、家によって、習慣と意識はかなり差があります。
今回ここに書いたものは、ブラーマンの人たちの習慣として考えてください。


それにしても
私たち旅行者も気を付けないといけないよね…
迷惑かけちゃうもんね。。



因みに、初潮の時はもっと特別。

まさかのすごいタイミングで、
私がドマの家にいる時に、
ドマの家のお隣さんの娘さんが初潮を迎えました。

すごいよね!
一生に一回のタイミングで私もそこにいれたの!

わ〜!
おめでとう(^ω^)!

って日本と同じ感じで接したら、なんか空気違いました。
どうやら間違えたようです。

おめでとうやらお赤飯じゃないみたいです。

ネパールでは
初潮を迎えたら、
そのまますぐ家を出て、お隣さんやらの家に行く。

そしてそこで3日目の朝まで過ごします。
家族から離れて過ごすの!!!

どうやら家族の男性と顔を合わせちゃいけないようで、そのために家から離れるとか…

それが出来ない場合は家で隔離されるとか…

兎に角
家族の男性と顔を合わせないようにするわけです。


(例えば、こんなに小さい弟でもダメ)

なので、娘ちゃんは私とレノカが寝ている部屋に場所を作って、そこで眠ることになりました。

しかも同じベッドで寝たりしちゃいけないので、床にゴザを引いて寝ます。

そうか…初めてのことだから体ゆっくり休めて大事にね…とかないんだな。。

シャワーも、3日目の朝に浴びるのが絶対なだけで、1日目2日目は浴びないでいいと。

そうか…シャワー浴びないんだね…衛生とか一番気にしてあげたい時だと思うんだけどな。。

洋服もそのまま、3日目にシャワーしたら、違う洋服に着替えられるそう。
生理中に着ていた洋服は、次からは生理中にしか着られない洋服になるみたい。

そうか…じゃあ初潮になった時に着てる服って重要なのね。タイミング大事だな。。

ご飯も勿論家族とは別、
私たちとも別、
一人で部屋で食べます。
食器も自分で洗って、ゴザの横に置いて乾かしておきます。

そうか…精神的にきっと敏感になってるだろうから、やさしくそばにいてあげるとかないんだね。。

と、日本人の私にとってはあり得ないシチュエーションばかりでした。

学校にも行かない(!!)ので、
部屋に座ってるだけ。

なのにみんなお構いなし、文化の違いをめっちゃ見ました。

だけどまいこー気になっちゃう。。
やたらとお話ししに行ったりしちゃいました。

外に出ちゃいけない、とかはないんだけど、外に出ると弟やらに会っちゃうかもしれないしね。

それが一番大事なところのようです。

あと、食器。
私の生理中と同じく、縁台に食器が乗っていまして、娘ちゃんは気づかず縁台に寄りかかっちゃったわけですね。



そしたらドマ家族が
「ちょっと!それダメだよー!!」
って、速攻注意してましたからね。。

で、その食器は娘ちゃんが洗い直し、それはまた乾くまで誰も触れない食器となってました。

厳しいなぁ…


そして3日目の朝シャワーを浴びた娘ちゃんは、間借りしていたレノカの部屋を水拭きして、食器を洗い直し、ゴザを外に出して、元気に家へと帰って行きました。
家族に会えるの嬉しそうだったな〜



だけど、帰ってからも食器に触れない生活は21日くらい続くよう。
長い!!!
寝るところもベッドじゃないのかな、確か。

えー!!!!大変!!!!
これは初潮の時だけに限るみたいだけど、こりゃ大変だなぁと。
国が違うだけで、こんなにも扱いが違うんだね。おもしろい。

そんなこんな、初潮のお話しでした〜。

と、こんなことをタイミング良く知ることが出来ました。

守り続けるのは大変かもしれないけど、
昔ながらの習慣を守るネパールが私はとても好きです。
その習慣こそが、ネパールの魅力の一つなので(^ω^)

生活の一つ一つにそれは滲み出ています。



因みに
ネパールは何年か前までみんな布ナプキン(と、言ってもただの布切れ)を使ってましたが、
近年では市販の紙ナプキンも多く使われているみたい。

日本と逆の流れですね。
日本はネパールのように生活を立ち戻ろうとしている気がします。

やっぱりネパールは未来なのかもしれないなぁ。


-----------------------------------------------


【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!

| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ドマの家で法事がありました。
ナマステー!

今日は朝からドマの家に行ってましてん。

何故ならドマのおじいちゃんの命日だから。
法事が執り行われると聞いて、まいこーいそいそと行ってきました。

ネパールで法事やるの見たことないしね!

準備は前々日から始まってました。

この日はお父さんのお父さんの命日のため、諸々やるのはお父さん。
ドマたちは間接的にお手伝い。

まず
お父さんは自分のお洋服類のお洗濯
一度でも着て、その後洗濯してないものは洗います。
シーツも洗います。
なんなら蚊帳も洗います。

あれだよ、洗濯って洗濯機ないからね!
手洗いだから大変大変
前々日からやらないと大変です。

そして前日には
髪の毛を剃る(一部残す)
一日一食にする


って決まりもありまして、なんだか大変

当日に使う葉っぱのお皿も作ります。



当日は朝から大忙しにご飯をたくさん作ります。



なのにお祈りが終わるまで、家族の誰もご飯食べちゃいけません。



終わったの昼の12時過ぎだったからみんなお腹ぺこぺこ。

昼の11時過ぎに
グルー(仏教で言うお坊さん)が家にきて、お父さんと一緒にお祈りをする。



他の人はみんなお手伝いくらいで、基本見てるだけ。

グルーがずっとお祈りの言葉を上げてて、

お父さんは指示通りに
葉っぱのお皿に



お水入れたりお花入れたりお米入れたり
頭に水かけたりお水をちょいちょいってまいたり火つけたり蜂蜜垂らしたり
なんやかんや
一時間くらいずっとやってる。



…なんて面白いんだ!!!

めっちゃおもしろいー!!!

イキナリ立ち上がって片足立ちになったり
肩から掛けてる紐を律儀に左右逆にしたり
オニギリみたいの作り始めたり
炭になんかどろっとしたものかけてたり
ティッカは娘はお父さんからで男性陣はグルーからだったり
ティッカの色は故人を弔う時は黄色を使うってことだったり
食べ物を供えるところは日本と一緒だなぁと思ったり



興味深いことばかりでした。

途中葉っぱのお皿が足りなくなったようで、急いでみんなで作ってた。



ほう、お皿はこうやって作るのね、と見学したり。

て、ことで一時間ずっと飽きなかったです。

いやーおもしろかった。

終わった後は
みんなで今日のためのご飯を食べます。



ビックリしたけど、甘いの!!
ミルクポリッジ!!
そして美味しい!!

お腹はち切れるかと思ったよ…
こういう時の食事は玉ねぎやらにんにくを使わないそう。
決まり事がた〜くさん!

ネパールでは
こういう法事だとか、習慣とかをとても大切にします。
そういう意識が少なくなっている日本に住む私には驚くことも多いのです。

だからこそ面白いんですけどね。
8回来てても毎回驚くことばっかりですもん。

そしてね、これをお伝えしたい。

みんなは仲良くキッチンでご飯食べてるんだけど、私は一人ぼっちでここでご飯です。



家族じゃないから?
いや、違うんです。

私、昨日から生理になったんです。
ネパールでは生理中はこういった儀式は参加できません。(カーストにもよるけど)
なんなら、生理の最初3日間はキッチンに入っちゃいけないって決まりがそもそもあるんです。

だから、キッチンで執り行われていた今回の儀式、まいこーはキッチンの外から覗くという形でしか参加できませんでした。
お料理も手伝えない、ティッカも貰えない。

「ディディ!(お姉さんの意)ここに椅子置いとくね!」
と、レノカが優しく椅子を用意してくれたけど、キッチン(今回はキッチン内でお祈りやってる)からこの距離感 笑



遠いなー!!

と、突っ込みどころ満載です。

生理の時の決まりごとやらなんやら、詳しく書くと色々あるので、これ次回に書くことにします。

あのね、
ネパールの文化って本当独特で面白い。
次回はこのこと、生理について。


いやはや
本当に世界は広い!
信じられない習慣がまだまだたくさんありますなー!!

ゆっくりゆっくり紹介していきます(^ω^)

---------------------------------


【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!


| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
チトワンのお話し
ナマステー!!

前回ポカラ編と称してポカラ紹介をしたので、

今回はチトワン編と称してチトワン紹介をすることしまする。

さー始まるよー!

チトワン編!


チトワンはカトマンズ、ポカラに続いて第3の観光地と言われております。

なんで観光地なのかと言いますと、
チトワン国立公園があるからなのです。

因みに世界自然遺産!!

ネパールには世界遺産が4つあって、その中の一つ(^ω^)

あのね、公園っていうか、ジャングル。
素晴らしき自然の宝庫です。

ここに遊びに来る人は大体、国立公園でのアクティビティを楽しみにきます。



ゾウと水浴びが出来たり、
ゾウに乗ってジャングル内を探検したり、
ガイドと一緒にジャングルを歩いたり、
カヌーに乗って川を進んだり、
バードウォッチングをしたり、
ジープサファリがあったり、

そんな感じでジャングルにて遊びます。

そしてたくさんの動物が見れる!



サイもいるし
トラもいるし
ゾウもいるし
イノシシもいるし
鹿もいるし
ワニもいるし
猿もいるし
兎に角たくさん種類の鳥もいる

多分もっと色々いる

そんな感じで、ワイルドライフを感じに来る場所なんですね。


(乗せてもらったり、一緒に水浴びしたりする象は、野生の象ではないのであしからず。)

そうそう
チトワン国立公園は、
どうやら鳥好きには堪らない場所らしい。
まいこーにはちょっとよく分からないけども。。

ドマはそんなチトワンでネイチャーガイドをしています。

そうなの、ドマの本業はガイド!
ちゃんと資格のあるガイドです。
しかも、女性で初めてネイチャーガイドの資格を取ったドマさんなのです。
いやーやっぱすごいわ。

今は自分のオフィスもあります。
2年くらい前に始めたんだっけな、確か。



みなさんもね、チトワンに行った際には是非ともドマのオフィスをご利用くださいまーせ!
ドマとドマの弟がしっかりガイドしてくれますよー!
なんてちゃんと宣伝もしたりして 笑



と、こんな感じのチトワンなのですが、
多くの人たちはカトマンズからの2泊3日くらいのパッケージツアーで来て、終わったら帰っちゃうんです。

パッケージツアーだと、アクティビティはホテルから全部送迎付きだし、ご飯もホテルで食べるので、チトワンに住む人たちとの触れ合いがものすごく少ない!

のんびりすること、人との触れ合うことがここの何よりもの魅力なんだと思うわけです。


川沿いで夕焼け見ながらおしゃべりするなんて最高じゃんか!


かわいい花も咲いてた


なので、私がオススメするのは

・パッケージツアー後にも何泊か泊まってゆっくりする
・ツアー取らずにチトワンに来て、こっちでのんびりしながらフリーのツアーを取る

の方法です。
本当、カトマンズやらポカラと違って、
ちょっと歩けばすぐ田舎の村みたいな場所に出れるし、そこの人たちは本当に温かい。

まずは笑顔でナマステーって挨拶をする。
そしたらきっと「おいでおいで」とされるから、一緒に座って、お茶飲んで、おしゃべりして、それだけですっごく心地いい。

その魅力に8年前に気づいちゃったからこそ、私はこうしてネパールラバーになってしまったわけですね。



そして今も変わらず笑顔でナマステー!ってやってます。

あぁ
あれから早8年、ネパール来たのも今回で8回目。そろそろ二桁いっちゃうな…そしたら立派な玄人だな。。
まさかこんなんなるとは 笑

そりゃこんだけ同じところに毎年来てたら、里帰りみたいなものでして。
みんなあったかく迎えてくれます。



それも最高。
もう、自分の田舎のように感じています。


あ、しまった。
チトワン紹介するつもりだったのに、また自分のことを書いてしまったぜ!

とりあえず来てみてー!!
そしたら魅力すぐに分かります!!

って最後手放しだけども、本当にそうなの!!
ネパールって、来てみて体感して、大好きになる国だと思っている!!

だから、復興支援と称して是非とも遊びに来て下さい(^ω^)
現地でお金を使うのが、何よりもの支援!!
お待ちしてますー!!!!





------------------------------------------------

【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!



| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ポカラのお話し
ナマステー!

昨日は友達の家にてお酒を久しぶりに飲んだまいこーです。

なので珍しく遅起き。
って言っても8時半ですけど。

ネパール来てから、こっちの人のペースに合わせて生活していたので朝早かったのです。



朝の6時にはみんなでチャイ飲みます。
縁側座って、畑見ながら。

基本6時前起床なんて、今までの旅行じゃ考えられない。。

でも朝早いと、午前中が長い。
早起きは三文の徳とはよく言ったものだわ、と日々思ってました。
日本でも続けたい…


さて今回は、リフレッシュに訪れたポカラのお話し。



ポカラ編だよー!

まいこーは大したことはしてないけど、
ポカラはネパール第二の都市だし、
旅行者に人気ということでみんなにご紹介。

因みにポカラの街はこんなところ。



洒落た店がたくさんあったり



そこでワッフルなんて食べれちゃったり



レイクサイドで夕焼け見れちゃったり



天気が良ければこの山の奥の山まで見えちゃったり



中華屋がやたらあって、美味しいので通ったり



厨房でモモ一緒に作らせてもらったり



美味しかったな…
観光地なので食べ物には困りません

中華に和食にイタリアンにネパール料理になんでも選び放題です

ホテルも飽和してるので、安くてレベルが高い
交渉すれば、ホットシャワー付きWi-Fi付きのツインのキレイなお部屋が一泊500円!
ひゅーう!

道路も広いし、店も溢れてる、外国人たくさん、お土産たくさん、レイクサイドで山見ながらのんびりできる



そんなところです。
そりゃ人気あるわ。

そして忘れちゃいけないのは!!!

なんと言ってもポカラと言えば

山!!

トレッキングで有名なポカラなのです。

日帰りのハイキングくらいの軽いものから、ガッツリ3週間くらいかけて行くものまで様々。

トレッキング用品も安くたくさん売ってるし、レンタルもできる。
ガイドも頼めるし、頼まないで自分で行くのでも大丈夫。
登山道もあるし、食堂も山小屋もある。

初心者から上級者まで、色んな人がポカラに山登りに来ます。

7000,8000メートル級の山々が連なる姿(ヒマラヤ山脈!)を遠くから近くから、眺めることができちゃいます。



まいこーはトレッキングに関してはかなりのへっぽこ。

8年前、
初めてネパールに来た時に3500メートルくらいのところまで5日間のトレッキングをしたのだけど、辛過ぎて泣きました。
泣いたなぁ…笑
今でも覚えてますもん。

25歳にして山登りが辛くて泣くなんてね…へっぽこすぎるよね…

その教訓も生かし、無理はしない 笑
そう、32歳だしね!無理はしない!
なので今回は1700メートルくらいのお山に一泊二日で登りました。

それでも十分(^ω^)
天気のいい日はポカラの街からもヒマラヤが見えるくらいなので、ちょいと登るだけでもすっごくキレイに見えるの!



まいこーが行ったのは既に半月以上前なのだけど、滞在5日間で山が見えたのは1日だけ!!

半月以上経ってる今でも、その日くらいしか街からでも山が見えることはないそうで、どうやらとてもラッキーだったみたい。

いえーい!
ラッキーであーる!

今はネパールのどこも空に靄がかかっちゃってるのよね。
雨が降らないのでどうにも空がスッキリしません。

まいこーが行ったのはダンプスというところ。

まずは
ポカラからバスを乗り継いで、フェディという登り口のところまで行きます。

既にフェディに向かう途中でキレイに見えてる。
こんな景色のグラウンドでサッカーできるなんてあなた達幸せよ!
と、思ったグラウンド



フェディにてまずは腹ごしらえ
山はご飯の値段があがります

2倍くらいって思ってていいかな〜
ダルバートは麓のフェディで250ルピー



そこからゴーゴー!
こんな感じの山道を登って行きまする。



いやーいいね
景色もきれい!



棚田がいいんだよ、やはり



のんびりと登る



あー気持ちいいー!



どれくらい登ったかな?
3時間くらいかな?
忘れちゃったけど確かそれくらい

そしたらダンプスの村に着く



いや〜
本当いい日に来たわ



気持ち良すぎた!



山も見えるね〜



ビューポイントにてのんびりする



とんがってるのが、マチャプチャレ
かっこいい〜



山の景色もいいけど、村の景色もいい



満足行くまでのんびりして、この日はダンプスに一泊(一部屋200ルピー)

夜は
お宿にて子供ちゃんたちのダンスに手拍子したり

美味しいダルバート食べたり(値切って300ルピー)して、楽しく過ごしました(^ω^)

翌日は朝日を見て



朝チャイ(60ルピー!街の3倍!)して、
下山です。



今日も気持ちいい



ヤギちゃんに会ってほっこり



フェディにてチベット難民のおばちゃんからお土産を買う



さ、ポカラに帰るか…

と思ってたけど、サランコットという丘にも行くことに!

一旦バスに乗って登り口まで向かって、今日もスタート



スタートはダルバート 笑
こちら200ルピー(地元価格にしてくれた)

登りのない尾根を歩いて行くので昨日より楽チン
だけども暑かった〜



途中
ステキなおじさんに会ったり



テンション高い子供ちゃんがいたり



立派な学校があったり



まさかの五つ星ホテルが建設中だったり



なんやかんやと3時間歩いて
サランコットに到着!

しかしポカラの街が一望できるはずが、
靄ってるね…笑



て、ことで下りました

やはり空気が澄んでる時に登るのがオススメ!
10月11月がベストシーズンと言われています。

寒いけどね、でもやっぱりキレイだよ。

2日間のトレッキングでまいこーは体がバッキバキ
しばらく歩くのも辛かったですよ…
体力つけねば。。(´-`)。。。

まいこーのポカラ滞在はこんな感じでした〜
ポカラ苦手だったけど、苦手じゃなくなった!
よかった〜また行きたい〜
山好きなみんなさんも是非!


それでは今回はこの辺で。
次回はチトワンに戻ります〜(^ω^)

--------------------------------------------

【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!


| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ネパールの結婚式にお呼ばれしてきましてん
ナマステー!

ちょいとご無沙汰してました。

みんなさんお元気でしょうか?
まいこーは体調崩したりしちゃって、ちょいとバテてました。

暑過ぎるんだな、ここ…
40度が続くとさすがにきつい。
せめて扇風機!!

天井のファンはあるんだけどね、だけどね、電気がないからね…
日中は3時間くらいしか毎日電気がありません。
夜中はあるんだけどね…


その他諸々
なんやかんやとバタバタしておりまして、一週間ぶりの更新になっちゃいました。

書きたいこと山程あるぜー!
そして
実はその間に村にも行ってきたのですが、そのお話はまた今度。


今日はネパールの結婚式にお呼ばれしたお話しです(^ω^)

ドマの家のご近所で、結婚式がありました。

そして何故か私も貰えました、招待状。


maico になってるね
かわいいね

中身はこんな感じ



両家の名前とか時間とかなんやら、日本と似た感じ

違うのは手渡しで貰ったことくらいかしら。

なので、行ってみました。



近所のお寺でやりまする

この日の新婦さんは双子ちゃん
ネパールでは双子は双子と結婚しなきゃいけないという、心底意味の分からない決まりがあったらしいのですが、最近ではそれもゆるくなってるとか。

でも、未だ現存する決まりでもあるみたい。
すごいな…意味分からなすぎる…

で、この双子ちゃんたちはお互い別々にお相手を見つけたようです。(お見合い結婚ではあるけれど。ネパールではお見合い結婚が主流)

よかったね、ルールゆるくなって…
双子は双子と、なんて見つけるの大変すぎるよ。。



お寺の前で待ってたら、
お、きたきたー!

男性側のみなさんがやってきました。

ネパールでは
女性側の家に男性側が迎えに来るというスタイルです。

なので、
女性側のみんなが待っているところに、男性側のみんなが男性側の家から
車やらバスやらで来て、近くまで来たら降りてぞろぞろと歩きながら歌いながら踊りながら女性側を訪れます。


兎に角、まいこーは女性側にお呼ばれしたので、待ってたら来ます



そしてお寺でセレモニー



草の首飾りをつけてあげたり、指環を交換したり、お祈りの言葉をかけたり、なんやかんや



この白いタンクトップの男性は
お寺のグルーですね

日本で言う住職さんみたいな感じ
教会で言う神父さんみたいな感じ



なんやかんや
なんやかんや



セレモニーの周りでは楽器が演奏されたり



こんな感じだったりします

セレモニーはまだまだ続く



一番面白いなぁと思ったのはコレ



足を洗ってあげる
そしてお祈りをする
お祝いのお金も渡す



もちろんおでこにティッカ(赤いお粉やら生米やら)もつける



足洗ってお祈りからのティッカ、親戚みーんなやるからすごい時間かかる

しかもティッカの量がすごいから、汚れないように膝に布かけてたのが印象的

おでこがすごいことになっていた



親族写真
いい感じである

お寺ではみんな盛り上がって踊っている



輪になっていて、誰でも真ん中に踊りに行ける



素敵である




何時に食べるとか
何時に踊るとか
全然決まってなくて、すっごい適当 笑

セレモニーやってる間も、みんな自由に過ごしていた


そうそう、
参列者の女性は結構ちゃんと赤でオシャレしてるのに
男性は結構普通だったな




で、少し時間が経ってから新婦さんに会いに行く



すてきやー



でも何か悲しそうな顔をしていたんだ



どうしたんだろうって思っていたの
その時には理由が分からなかった

そして
その後に、最後のセレモニーがあって、
新婦さんを新婦のお父さんがおんぶしてお寺を廻るっていうね。

なんかシュール
写真めっちゃ分かりにくいけど、すごい奥におんぶされてる新婦さんが写っている



で、外に車がセッティングされてるんけです



そして
おんぶのまま車に向かって、父親が娘を車に乗せる



そのまま
車は出発する



え!!!!??

これで式は終わり

そうなんです、
あのまま新婦さんは男性側の家に行くのです。

そして何日か後に一日だけ戻ってきて、荷物をあちらの家に運ぶらしいです。
そのまま、あちらでの生活がスタートします。


わたくし
まいこー唖然でした。

唖然です。

あぁ、これが

嫁に行く
ということなのか、と。


式が終わったらもうあっちに行かないといけないのか…と。
式の余韻に家族で浸ったりとか、
友達と盛り上がったりとか、
ないのか…と。

式が終わり次第、あちら側の人間にイキナリなってしまうのか…と。

そりゃあ
式が終わりに近づくにつれて悲しい顔にもなるわ。

メチャクチャめでたい日と、メチャクチャ悲しい日が一緒なのか。。

なんて複雑。

だけども
これが嫁に行くということなんだなぁと、しみじみと思ったわけです。


ネパールでは嫁に入ったらすぐに相手側の家(結婚後は絶対的に同居からスタート)で働くことになるわけです。

あえて「働く」と書いたのは、家事やら畑仕事の働き手としてお嫁さんをもらう、という意識がこの国にはまだあるから。

日本とネパールでは
結婚についての意識がかなり違うのは知っていたけども、
「嫁に行く」
という言葉の重みをすごく感じた日になりました。


何がいいとか
何が悪いとか
そんなんじゃないけど、
なんだかちょっと切ない気持ちになったネパールの結婚式でございました(´-`)


-------------------------------------


【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!




| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ネパールの物価はこんな感じ
ナマステー!

どうもみんなさんこんにちは

今日も40度でカラッカラのネパール・チトワンからお送りしてます。

暑いなぁ…慣れるけどさ。


今日は
いつもと趣向を変えて、
ネパールの物価について書いてみようかな、と思います。

これから
ネパールを旅行するにあたって、
気になる人とかいるかもしれないしね。

まいこーがどんなものにお金をどれくらい使って生活しているのか、気になる人もいるかもしれないしね。

て、ことで
書いていきます。

因みにチトワンの相場です。

ホテルは一部屋300円からあるけど、
800円出せばWi-Fiあり、ホットシャワーあり、ガーデン付き、朝食付き、エアコン付きの、かなりキレイなところに泊まれる。(一人でも二人でも値段同じ)



水は1リットル 20円
コーラは瓶で40円
ビールは一本200円くらいだったかな
飲まないものでちょっとあやふや

ローカルな食堂で

チャイは20円



オシャレなカフェでこんなの飲むと200円します



調子乗ってワッフルとか食べちゃうと、
350円します。




ネパールの国民食、
ダルバートは野菜カレーのみで150円



肉カレーを付けるとプラス100円くらいする


(これは人気店で食べたので330円!)

ダルバートは基本的に肉カレー以外はおかわり自由なご飯です。

モモ(蒸しギョウザ)は120円くらい




そして
夕飯のお買い物に行くようになったまいこーは

野菜の相場が分かりました。

そう言えば、こないだ
家族のリクエストにお応えして



肉じゃがと茄子の揚げ浸しを作ったら、



なんとも
切ない悲しい顔をされました。

「甘いね…」
「うん、甘いね…」



結構いい出来だったのだけど。
ま、ほぼ自分で食べ切りましたよね。


ネパール人は
牛肉(神様的扱い)も豚肉(カーストによる)も食べないので、
鶏じゃがですけども。

ネパールではターメリック(ウコン)が絶対で、黄色い食べ物が美味しいという定義があります。

そして砂糖を入れるなんてありえない!
という食文化。

辛くてしょっぱいものが好きな人々です。

なので
「絶対好きじゃないと思うよ…」
と、前置きしましたが、
素直にそう言われるとさすがにまいこーも悲しいわ。。。


ま、それはさておきね、

野菜のお値段。

やっすいの!!

ジャガイモは1キロ 30円
トマトも1キロ 30円
玉ねぎも1キロ 30円
青菜一束 10円

オクラはちょっと高くて1キロ 60~70円

だけどオクラのタルカリ(おかず)が美味しくてつい買っちゃうのよね…

ネパールのお料理に欠かせない香辛料はこんな感じ

にんにく1キロ 200円
唐辛子1キロ 100円
クミンシード 1キロ 350円
コリアンダーシード1キロ 300円

フルーツも安い

シーズンだと、
ぶどう 1キロ 130円~

130円でこんなに!!!
天国!!!!



ミカンはもっと安い
1キロ100円~


それから
お米は1キロ50円~で種類によるみたい。
小麦粉も1キロ50円くらいらしい。
油は1リットル80円くらい。

お肉はちょいと高いです。
なので
普通の日はあまり食べない。
チキン 1キロ 320円
マトン 1キロ 650円


それから消耗品

シャンプーは使い切りパックが
一つ1円~
石鹸は30円
金だわしは35円でした

虫除けクリームは100円くらい
茶こしは一つ50円~

ペンは10円
ノートは30円~


あとは何があるかしら

あ、お洋服。

まいこーが好んで作っているネパールの民族衣装クルタスルワール



布代が
安いのだとメーター100円
この花柄のは、メーター160円



仕立て屋さんで作ってもらうのが、
上下セットで300円くらい

ワンピース一枚と
ズボンを二枚頼んだので、
500円でした



いやー安いわ…
とてもいいんですよ、これ。

皆さんもネパールに来た際には是非ともチャレンジしてみてください。

あ、あと
交通費とかね!

マイクロというミニバスで6キロ先に行くのに25円

ツーリストバスで100キロ以上離れた場所に行くのに500-600円

そしてこれ!!!
ガソリンが高い!!!

ガソリン、まさかの1リットル100円
信じられない…
ここだけ日本と一緒なんて…何故…

こないだまでインドと問題があって
国境が閉まってた時は、闇マーケットで1リットル500円したらしい…

だからこそ普通のスタンドに何時間も並んで買うんだよね。

今もまだ行列は続いています。


と、まぁこんな感じかしら。

あとは
こちらの人の固定費よね

家賃は
カトマンズやらポカラで家を借りると月一万五千円くらい
勿論場所やら大きさによるけども

電気代は多くても1000円くらいかな

水はドマの家は井戸水なのでお金かかってないので平均も分からず
因みにここら辺はまだ水のパイプがきておりません

なのでこれです。


ガスはシリンダーに充填してもらう感じなので、家によるかな…と。
因みに一回充填するのに1400円

インターネット回線を引くと、月1200円

と、こんな感じです。
家によって違いすぎるので、なかなかまとまった資料にならず。


そしてこれ大事ね。
最後に収入!!

ネパール人の収入は
勿論職種にもよるので
人それぞれだけども、大体普通に働いたら5000円くらいからスタートみたい。

一万円いったらいいほうです。

農家の人なんかは、現金収入殆どないんじゃないかな、と。




いつも思うのは、
ネパールの物価は大体日本の10分の1なのに、収入が少なすぎるよな…と。

だって
日本で10万円じゃ生活できないですもん。

物価は10分の1なのに
収入は20分の1

そりゃ色々と難しいよな…って。

ネパールの人たちを見ていて思うのは
娯楽代というのが
日本に比べて圧倒的に少ない、むしろないなーって。

休みだから遊ぼう!
っていう人達って、ネパールだと本当一握りの人たちだけ。

そう考えると、
やっぱり私は恵まれてるんだな、と。

日本がいいとか
ネパールがいいとか
どこの国がいいとか

そんなことじゃなくて、

好きな場所に行けて好きなものを食べられる。
選択肢があるって、すごいことだと思う。

だからこそ
ちゃんと選択して生きていきたいと思ってます!!

と、
ネパールの物価はこんなだよー!
という
お知らせでしたー!!!


あ、因みにね、
水牛は一頭70,000円くらいするみたい
ヤギは一頭6,000円くらいらしいです。



飼えちゃうね、水牛。。
まいこーの夢ここでなら叶えられるわ…
水牛飼いたいなぁ〜

毎日
水牛のミルクのチャイが飲めるなんて最高だわ!


-------------------------------------


【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!

| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ドマの素晴らしきスピーチ
ナマステー!


今日はチトワン39度です。
暑い…
明日は40度ですって。



エアコンとかないしね…
扇風機も停電の時間は動かないしね…

という感じのチトワンで過ごしています。
お昼間は暑過ぎて何もやる気起きません。

まいこーもやる気起きないので真昼間はお昼寝していました。

そしてやっとこ
メールチェックやらブログを書いたりやらするために、Wi-Fi使えるカフェに来たであります。
ま、扇風機もエアコンもないけどね。


今日は何を書こうかな

書きたいことはたくさんあるのです

よし、
今日はワスワング村で学校完成のセレモニーをやった時のことについてもう一つ

あのですね

式典でのドマのスピーチが素晴らしかった



ネパール語で話していたので
意味がさっぱり分からなかったわけですが、
後でドマに何を話したのか教えてもらいました。

それが素晴らしくて驚いた



聴いている時は、
「随分長く話すな〜
どこの国も、スピーチは長いもんなんだな〜」
なんてのほほんと考えてていたんだけど、

彼女の言うことって本当
「確かに!」
って頷いてしまうことばかりで、
ためになる。

スピーチってこうあるべきなんだわ。

ドマはスピーチの在り方でさえちゃんと考えていたからね…

スピーチは人々を力付けるものじゃないといけない、
ただ長く話していても仕方ない。
激励することで、前を向かせて動くようにする、と。

人前で話すのが苦手なまいこーとは器が違いますな。。
まいこーなんて、自分のスピーチ中に感極まって泣いちゃうしね…笑



まいこー負けるなー!
頑張れー!!笑


で、
何を話していたかと言いますと、こんな感じ

ここからドマのスピーチ〜


"私から皆さんに伝えたいのは、

「自立してください」
と、いうことです。

政府に頼らず、支援団体に頼らず、
自立してください。

できることは自分たちでやってみてください。
できるはずです。

支援を待たないでください。
待っているだけじゃ何も始まりません。

現に政府は何もしてくれていませんよね?
家を再建するためのお金だってまだ配布が始まっていません。

(震災後から政府はずっと配布を約束していて、でも未だ配られていない。少しずつ始まってはいるよう…
だけど自分で作り直しちゃうと貰えないという話もあり、完璧には作り直さないで待っている家が多い。
情報が錯綜しているのが現状)

いつまでも待っていても、
家を中途半端なまま残していても、
配布はいつ始まるか分かりません。

どうか自立してください。


だけど、
今こうして、地震があって、
今まではなかった民間の支援の目があなた達に向き始めています。

支援がここに来ている時は、
そのチャンスを逃さないで下さい。

お金が直接貰えないから、
物が直接貰えないから、

と、そればかり求めてその支援を見ないでください。

支援は色んな形でみなさんのためになるはずのものです。

支援の目がここに向いている時、
その支援をしてくれている人たちに、
きちんと誠意を持って対応してください。
手伝いもしてください。

それが次の支援に繋がるはずです。
誠意を持って対応すれば、チャンスは広がります。

支援を待っているだけではダメです。
ただ、支援がそこにある時は、そのチャンスを逃さないで下さい。


それから
子供たちを学校にやらせてください。

家の仕事があるから、忙しいから、という理由で家に置かないでください。

せっかく学校がちゃんと出来ました。
子供たちを学校に通わせてください。

学校に通って勉強して、
その後のことを考えてみてください。

勉強を終えた子どもたちは、何かの職業に就くチャンスがあります。

先生になってこの村に戻って来てくれるかもしれません。
医者になってこの村に戻って来てくれるかもしれません。

そうしたら
この村で教えてくれる先生ができます。
この村で診てくれるお医者さんができます。

今はそういう人たちがなかなかいません。
この村出身の人以外で、
ここの村に常駐してくれる人を探すこと自体がとても難しいのです。

町から離れたこの村に来ることは、とても難しいです。

だけど、
この村出身の人だったらどうでしょう?
戻って来てくれる可能性はとても高いと思いませんか?


家族と過ごしたいから、
この村で過ごしたいから、
そういう気持ちで
戻って来てくれる可能性は高いと思います。

子どもの将来のため、
村の将来のため、

まずは子どもたちを学校にやらせてください。"

と、いうようなことをたくさん話していました。

10分くらい話していた気がするから、
きっともっともっと話していたんだけど、
私に話してくれたのはこんな感じでした。

いやぁ、
本当その通りだよ。

しっかりしたこと話過ぎてて、
驚いたわ。

ドマはすごいなぁ、と改めて思ったわけです。

と、いうお話でした。

とっても素敵だったので、
皆さんにもお伝えしたかったわけですね。

つらつらと書いてしまったけど、
伝わったかしら。
ドマの気持ちが、皆さんにも伝わったといいのだけど。

ドマは本当にネパールの人たちのことを想っていて、本気で考えているのです。

国に頼ってばかりいちゃいけない、
というのは
悲しい言葉かもしれないけど、

それはどこの国も、
同じかもしれませんね。

兎に角
そんなドマと一緒に何かをやれたことを
嬉しく思います(^ω^)



ドマとは7年来のお友達でして、
一個下のドマとは何かと仲良くしています。

いやはや
素敵な子だわ。

ドマについて少しだけ書いた記事があるので
ご興味ある方こちらをどうぞ

「私の友達、ドマの話」
http://blog.chai-king.com/?eid=114
もう5年も前の話なのね!

いやー時って経ちますね。


ま、そんなこんなで
今日はドマのお話をしました〜

また書きます!
今日はこの辺で(^ω^)



-----------------------------------


【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!



| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ワスワング村のギャンダイのお話
ナマステー!

みんなさんいかがお過ごしですか。

まいこーはチトワンにてのらりくらりと過ごしてます。

先日みんなさんにお願いした、
机と椅子の購入やら運搬の費用が若干足りてません…
というお話なのですが、



無事に集まりました〜(^ω^)
ブログを読んで、ご協力して下さったみなさん、本当ありがとうございますー!

もう、まいこーとっても嬉しくて、
なんだかうずうずしちゃいました。

一年経っても、
こうしてネパールのことを想って協力してくれる人がいることに、嬉しくなります。

よかったー!

これで注文した数の机と椅子は運べそうです^ ^

ただ、机と椅子はあともうちょいあるとベストだなぁと思っています。
それに、備品諸々も。

なので
ワスワング村の
学校支援の募金(ネパール大震災の支援募金)はもう少し続けていきたいな、と。

ブログを読んで、
ワスワング村のことが
少しでも気になった方、ご協力頂けるとすごくありがたいです!
よろしくお願いします^ ^


さて
今日はワスワング村に住むギャンダイのお話です。

ギャンダイとは
ワスワング村に住んでいて、学校作りをすごくたくさん手伝ってくれた村人さんです。



一度ギャンダイのお家に行って、ゆっくりとお話したことがあります。

ギャンダイは頭のいい人で、
小さな頃から勉強が好きだったそうです。

だけども
この村には、小学校の五年生までしかない。

幼き日のギャンダイは、
勉強を続けたいと親にお願いをしたそうです。



8年生まで行くと、日本で言う中学まで行ったことになります。

勉強を続けるには、
遠くの学校まで通うか、
どこかの寮に入る、
もしくはどこかの家にお世話になる、
しかありません。
どれもお金がかかります。

ギャンダイの親からの返事は

「今日食べるものもないのに、どうやって学校に行くんだい?」

と、ギャンダイの希望は叶えられませんでした。

その後
ギャンダイは家の働き手として家に残り、勉強を続けることは諦めるしかありませんでした。

その後結婚し、子供も産まれ、家庭をもちます。
村で畑を耕し、鶏を飼う、ご飯はトウモロコシの粉を練って茹でたものと乾燥野菜が主な食事、それがギャンダイの村での生活です。



だけども今も
勉強をしたかったという気持ちは忘れられません。

だからこそ、
自分の子供にはちゃんと教育を受けさせたい。

そう強く思っている人でした。

ギャンダイには5年生の息子と3年生の娘がいます。

その娘が、前回のブログにも出てきたミサです。



そうは思っても、自分が子供の頃と同じく、子供を学校にやるお金がありません…
チェパング族は、元々が経済的に貧しい民族なのです。
お金に依存することなく、自然と共に生きている、そういう民族です。

だけども
学校に行くとなるとお金がかかる…

うーむ…
なんだか難しいなぁ。。

公立の学校に行けば学費はかかりません。
諸々とかかるお金はありますが。

私立はお金がかかるけど、
やはり公立とはレベルにかなり差があります。
ネパールの私立の学校は、授業を全て英語でやるのです。
だから、少なくとも英語ができるようになる。

子供の将来を案ずる親にとっては、私立に行かせたいのが本音でしょうね。

ギャンダイは
詳しくは何も言ってこなかったけど、

「もし子供達をサポートしてくれる人たちがいたら、どうかよろしくお願いします。」

と言われました。
足長おじさん的な感じですね。

まだちゃんと調べてないですが、
年間4万円で私立に通えるとか、ネパールの学校はそんな感じだったような…

兎に角、
日本の学校と比べたら、そこまで大きな金額ではないです。

もし
ギャンダイの子供達をサポートすることに興味がある方いらっしゃいましたら、どうぞまいこーまで連絡ください!
info@chai-king.com


と、いうギャンダイのお話でしたー!
ギャンダイがとても真面目でいい人なので、力になれたらなーと思ってお知らせさせてもらいました(^ω^)


そうそう、
先日オーダーした椅子と机をチェックしに行ったのですが、
あと一週間かかるようです!



ネパールは停電がありすぎるので、なかなか作業が進まない現状ですね。

仕方ない仕方ない。
ゆっくりゆっくり やっていきます!

それでは
今日はここで!

また書きます!


---------------------------------------------

【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の校舎再建を行っています。只今椅子と机をオーダー中!)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!




| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ネパールの震災から一年経ちました
ナマステー!

今日でネパールの震災から一年経ちます。

ネパールではビクラム暦で数えるので、西暦の4/25ではなくてビクラム暦1/12が震災の日となるみたい。
なので、今日は4/24だけどビクラム暦では1/12なので、今日で一年なんですって。

ほう、知らなかったなぁ。


私は一年前の今日はアルメニアにいて、ネパールの地震を友達からのメールで知りましてん。

あの時の恐怖といったらなかったなぁ。
情報を集める度にどんどん被害が大きいのが分かってきて、不安で心がいっぱいになったのを思い出す。

大好きな国が大変なことになってる。

それで4日後には募金を集め始めて、ドマに託して、何度か支援物資を被災者にお届けして。


その後
ワスワング村の学校を建て直すことに決めて、やり始めて。


全壊した校舎


その後に立った仮設校舎


みんなさんから預かったお金で


ネパールの人たちが一生懸命立ててくれました


竹を使ったり


レンガを使ったり


セメントで固めた後はペンキを塗ったり


壁に学校の名前やらを書いたり


みんなの力で出来上がりました。


まいこー一人では出来なかったことが、みんなの力が集まったおかげで、こうしてカタチになってます。
いやーすごい。
たくさんの笑顔が生まれる場所になりますように!



そろそろこのプロジェクトが完了しようとしているところ。
丁度一年なんだなぁ。

そしてまいこーは今、ネパールにおります。

ここにいられることをすごく嬉しく思います。
あぁまたここに来られてよかった。


今日はこれから学校用に作った机と椅子のチェックに行ってきます。

全部出来あがったら、村まで運んで、それで学校再建プロジェクトは完了。


そしたら
まいこーチトワンを離れてカトマンズに戻ります。
そこで別のネパール人友達と落ち合って、その人の村に行こうかとか思っていまする。
その村も、地震でかなり被害を受けたみたい。

ちょっと、見てこようかと。
そちらもまたレポートしますので、よければ見てみてくださいな!


震災から一年、
まだまだ復興の途中だけれども、ネパール人はちゃんと前向いてるって思います。

暗くならないところがネパール人のいいところ。
見習わなきゃね!


まいこーも
ネパールのいいところたくさん吸収して帰ります!

帰国は5月25日!
あと一ヶ月〜(^ω^)


どうぞ皆さんも今日はネパールのことちょいと想ってみてください。

それでは〜!


| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |
ワスワング村をぶらぶらと。パート2
ナマステー!

まいこーポカラからチトワンに戻ってまいりました

やはりここは暑いです

しかしここが好きだなぁと来る度に思います


愛しのハジュラマ(ネパール語でおばあちゃん)


さて

本日は前々回にアップした記事の続き、

ワスワング村をぶらぶらした時のお話です。


担当の塗装作業を終えたドマとまいこーは村をぶらぶらと歩きます

いやはや気持ちいい
天気が良くてとてもいい



お、男の子を発見



何かしていますね

どうやら木を削って何かを作っているようです

おじいちゃんと一緒



ネパールの子供たちは
日本じゃ考えられないくらい
よく働きます

田舎の方に行く程にそうなる

学校には行かせないで、
働き手として家に置く場合もある

勉強したくても
できない、
そんな子供達もたくさんいます

これはネパールの
改善しなくてはいけないことの一つ

だからこそ
壊れた学校を再建したのには、
「学校を建て直す」
それ以上の意味があるのです

まずは学校がないとね(^ω^)




そしてまたぶらぶら

こんなものを見つけました



お米を脱穀するやつ

やらせてもらう



いやはや簡単そうに見えて
意外と大変

すぐ疲れちゃう

これは餅つきの要領で、つく人とお米をまとめる人が必要です



この家に住むお婆ちゃんのために
娘が山を一つ越えてお手伝いに来ています

家族のつながりの強さはネパールの素敵なところ


その後もぶらぶら

あ!ミサだ!



ミサはギャンダイの娘で、
学校再建の時も
いつもお手伝いに来てくれていた女の子

洗わずに置いてある食器があったら
すぐに洗ってくれるような

水がなければ運んで来てくれるような

本当良く出来た子!

シャイだけどいつも笑顔でとてもかわいい

前回みんなに書いてもらったけど、
ちょいと足りなかったハガキを書いてもらいました



ありがとーミサ!

そしてその後もミサと歩く

そしたらこんなの見せてくれました



びく

こんなの入ってた



夕飯のおかずにするのかしら
どうやら獲ってきたみたい

もうね、
中身どうこうより
嬉しそうに見せてくれる、ミサが可愛すぎるわ



そしてこんなのも見せてくれた

どうやら食べられるらしい葉っぱを摘むミサ



よく働くこと、本当に

そして
隣の家の子供ちゃんを抱っこする



ネパールでは
子供を子供の面倒みるのは普通である

抱っこも手慣れたものです

因みにお母さん



18歳で産んだそうです
村は結婚も出産も早い

これが普通なんだよ
って話してくれた



作りかけのドコを見つけた



景色のいい山道を歩いていたら
お婆ちゃんに会った



お婆ちゃんは
「最近立ちくらみをするから、占い師に見てもらいに行くんだよ」

と行って山道を歩いて来ていた

それを聞いたドマは

「お婆ちゃん、それは歳をとったからだから、普通のことなんだよ!」

って、耳の遠いお婆ちゃんに
大声で話していた

笑っちゃった

お婆ちゃんを見送った後も山道を進む



そして着いたのはここ



そうなのです
私たちは今日の夜ご飯の鶏肉を買いに来たのです

いやー
捕まえる時のギャンダイの機敏さに驚いた



仲間の鶏に見送られる時さ切なかったな…ごめんよ…



鶏さんに
ごめんねとありがとうを伝えて

しめます



ネパール人はしめ方も知ってる
何でも知ってる
本当すごいなぁ

まいこーは始めてその現場を見ました
何とも言えない気持ちでした

そして調理



内臓も顔も足もぜーんぶ
余すところなく頂きます

カレーにして
とっても美味しく頂きました!
ごちそうさまでした!

食べたらすぐ就寝です

おやすみなさい〜


翌日
職人さんたちは朝早くから働いておりました



これで今回は作業終了!

あとは
今日塗ったところに毎日水をかけて、
セメントの強度をあげます

その後に塗装をして、
いよいよ完成です(^ω^)


出発のお見送りにミサも来てくれました



最後まで可愛らしいミサは
自分で集めてきた実を、
食べられるように炒ってきてくれました



あぁ可愛すぎる…

また来るからねー!

次の塗装は職人さんとシバダイだけで来るので、
まいこーの再訪は机椅子が出来上がって届ける時になります

くぅー今から楽しみだぜ!

可愛い可愛い
お見送りもいてくれました



チェパングのみんな可愛すぎるよ



また来るからねー!
待っててねー!!




ってことで、
2回目の訪問も無事に終わりました〜

やはりチェパング好きだわ…

次は
机椅子を届ける時か〜
待ちきれない!



明日はオーダーしている机椅子の途中経過チェックに行ってきます!

できたかな〜どうかな〜
きっとまだだろうな〜

のんびりのんびり待ちましょう


先日お知らせした
机椅子の制作、運搬費用が
ちょいと足りてないという件ですが、

何人かの方に早速ご協力頂きました!
どうもありがとうございます!

だけどもまだ少し足りておりません。

皆様もしよければご協力よろしくお願いします!


今日はここまで
また書きますー(^ω^)


-----------------------------------------

【ネパール募金の詳細】

2015年4月25日にネパールで大地震が起きました。

日本ではネパール地震のニュースがなくなっていて、あたかも過去のことかのように感じるかもしれません。

でも、現地ではそれがまだまだ現実です。

少しでも多くの支援が必要です。

1か月の収入が1万円にも満たない国です。

みんなの支援は大きな力になります。

どうかご協力宜しくお願いします。

(現在はチトワン郡の山の方、バスバング村の学校再建を行っています。ただ今最終段階で、机椅子を準備しています。)

※募金を集め始めた経緯や過去の活動は以前のブログをご覧ください^ ^
カテゴリー「ネパールネパール」にまとまっています。



【ネパール募金の口座はこちら】

※シティバンクの一部事業がSMBC信託銀行に統合されたため、銀行名が変わりました。

SMBC信託銀行
インターネット支店
普通 7619193
名義: カミムラ マイコ

※送金の際はフルネームでお願いします
※特に領収書などは出せないので、それでも構わないという方のご協力をお願いします
※振込手数料はご自身の負担になります、ごめんなさい


【振込後のEメールはこちらにお願いします】

info@chai-king.com

お名前と住所、電話番号、Eメールアドレス、振り込んでくれた金額のご記入をお願いします。
振り込みを確認でき次第、メールにて連絡します。
住所を書いて頂いた人には、ネパールからハガキを出させて頂きます。



この先長い支援になることは明らかです。

今後、各方面からの支援は縮小・若しくはストップされていくでしょう。

私たちは 細くても長く、そんな気持ちでやってます。
Small power makes big difference!!

小さなパワーは大きな違いを作る!!
何があっても諦めません。


記事のシェア・拡散大歓迎です!
宜しくお願いしますー^^

どんなことでも、まずは知ることから!!!



| チャイ処キング | ネパールネパール | - | - | - | - |